スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九鳳山のふもとの小川でガサガサ

2017年がもう3か月も過ぎて4月もそろそろ過ぎようとしているというのに、これが最初の記事だなんてなんという体たらく。
2016年は3つしか記事をアップすることができなかった。ここまで来てしまえば休眠ブログのようなものだと反省しております。


えー、何はともあれ、ひとまず生きております。
休日のほとんどを家事や買い物に費やされている現況ですが、時々ガサガサに行くくらいはなんとかできそうです。
むしろガサガサに行ったのをブログにまとめるほうが、問題が多そうです。
正直に打ち明けますと、実は3月下旬に、師匠や井上さんや達人조先生たちと一緒に川に行ってきました。
その記事が、いまだにまとめられないでいます。
自分がガサガサに行ったりブログを書いたりする自由時間は、実は家内がつくってくれていたのだと、今さら痛感している次第。


というわけで、いつもの口調に戻ってガサガサ報告を始めたいと思う。
といっても、3月下旬の内容ではなくて、去年の추석(チュソク 韓国の旧盆)の内容だったりする。9月中旬の内容だ。ホント申し訳ない。でもこれをやらないと、やっぱり順番があるのでな。
そんなわけで、半年以上も前のことになってしまって申し訳ないが、どうぞお付き合いください。


추석(チュソク 韓国の旧盆)は旧暦の8月15日。韓国ではこの日と前後1日の3日間が休日となる。そしてこの時期、韓国では民族大移動が起こる、というのは割と知られている事実だな。韓国は人口の半分がソウル圏に住んでいる。そしてそれらがこの時期に一斉に地方に散って、一斉にソウル圏に戻ってくるのだ。

我が家は今回どうしようかなぁと思ったけど、やはり行かねばと思い立ち、처갓집(チョガッチブ 妻の実家)へ。毎年行っているしね。장인님(ジャンインニム 妻の父)や장모님(ジャンモニム 妻の母)とも話がしたかったし。

でもね、行けば行ったで、現地でだいぶ時間が空くんだよね。女性陣はいろいろ充実しているけど、男は畑に出かけたりしないかぎり、まとまった「暇な時間」ができてしまう。そこで普通の男たちは昼間から酒を飲んだり「帰り道」のための英気を養うために寝てたりするのだが……。

そう、だがしかし。今回もほうぼうから「魚をとりに行かないのか」と言われてしまうと、やはり心がうずいてしまってだな。^^;;

そんなこんなで、車に乗って走り出してしまったわし。
さあどうしよう。走り出したはいいけれど、どこに行こう。今回はなんか、「섬진강(ソムジンガン 蟾津江)が俺を呼んでるぜ~!」って感じじゃないんだよね。かと言って山を下りて全州とかの平野部まで行くかというと、そこまで気が乗らなくて、どうしようかなぁと思いながらたどり着いたところが、1年前に登山に行った구봉산(クーボンサン 九鳳山)の麓。その時のブログでは、本編は蟾津江でのガサガサについて書いたが、「九鳳山登山については、まるまる一つの記事ネタにしたいくらいの内容があるのだけど」と書いている。実は正直に明かすと、しかもとても悪い表現で書くと、「一族で遭難しかけた」のだった。^^;;;;;;
ありゃ本当に思い出になったわ。まぁその際に、麓に小川が流れていたのまで思い出の一部になっていたので、物は試し、もしかしたら「あれ」や「あれ」に出会えるかもしれない、と思った次第。


到着してみると、思った以上に川に水が流れていなかった。しかし殻長1センチくらいの幼い다슬기(ダスルギ カワニナ)が川底の石にいっぱいついているのを見て、自然を侮るのをやめた。


基本的にはこの小さな堰の下流側をガサガサした。

자가사리(ジャガサリ 和名ミナミアカザ Liobagrus mediadiposalis)
「あれ」の当てが外れた第一弾。자가사리(ジャガサリ 和名ミナミアカザ Liobagrus mediadiposalis)だ。
絶滅危惧種の퉁사리(トゥンサリ 和名ニクアカザ Liobagrus obesus)と出会えないかなぁと思ったのだけどな。明らかに上顎のほうが下顎よりも突き出ているので퉁사리にはあらず。

자가사리(ジャガサリ 和名ミナミアカザ Liobagrus mediadiposalis)
こちらは今年生まれた자가사리だね。

돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)
「あれ」の当てが外れた第二弾。単なる돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)。
これも絶滅危惧種の감돌고기(カムトルコギ 和名クロムギツク Pseudopungtungia nigra)がいないかなぁとか、一定の割合で紛れ込んでいないかなぁといあ思ったのだけど、감돌고기は一匹も見られなかった。

참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)
참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)のHK型だ。この川の主役はこいつら。まぁありがちだけど。

밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)
밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)참갈겨니と同様、こいつもたいていの早瀬で見られる魚。
동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)
동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)もゲット。この川の肉食魚の頂点かも。

돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
砂地の部分で돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)をゲット。

참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)
やはり砂地の部分で참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)もゲット。

동자개(ドンジャゲェ 和名コウライギギ Pseudobagrus fulvidraco)
おや、なんと동자개(ドンジャゲェ 和名コウライギギ Pseudobagrus fulvidraco)が。
家の近所であまり出くわさない魚に出会えると、ちょっと嬉しいね。普通種なんだけどね。


さて、なんの징거미(ジンゴミ テナガエビ)かな。금강(クムガン 錦江)の水系はテナガエビも中上流域まで分布しているのかな。それとも割と近いところにダム湖があるからかな。

ガサガサしている途中で雨が降り出したので、これにておしまい。もしかしたら「あれ」や「あれ」に……というわしの目論見は完全に外れた。まあいいや。いつかどこかで出会えるだろうさ。


今回は日が暮れる前にちゃんと帰ったよ。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 錦江

コメント

非公開コメント

No title

アキミツ様、こんにちは。

>自分がガサガサに行ったりブログを書いたりする自由時間は、実は家内がつくってくれていたのだと、今さら痛感している次第。

大いに同感、私もドキッとした素晴らしい悟りです。感謝しなくてはなりませんね。

お元気ですか。今年もガサガサシーズンがやって来ましたね。日韓ちゃんぽんブログ、楽しみにしています。
あの二枚貝3個は元気に動き回っているんですが、稚魚誕生は3匹だけでした。
採集して、ひと月が過ぎましたので、もう出て来ないでしょうね。
この3匹、未だ何者か不明ですが大切に育てて行かなければ成りませんです。

Re: No title

井上様
コメントありがとうございます。

> >自分がガサガサに行ったりブログを書いたりする自由時間は、実は家内がつくってくれていたのだと、今さら痛感している次第。
>
> 大いに同感、私もドキッとした素晴らしい悟りです。感謝しなくてはなりませんね。

もうこれに関しては詩でも書けてしまうんじゃないかってくらい深くしみております。
そして今の自分は子供たちに時間をつくってあげているのかもしれません。子供たちがその時間でスマホいじりをしてたりすると、時々むかつくこともありますが、かつての自分をそこに見てしまって、叱るのもやんわりとなってしまったりします。


> お元気ですか。今年もガサガサシーズンがやって来ましたね。日韓ちゃんぽんブログ、楽しみにしています。

ありがとうございます。生活は特に問題ありません。趣味の時間が課題ですが、なんとか続けていきたいと思います。

No title

アキミツさま

ブログが更新されないのをとても心配していましたが、アップされてとても安心しました。
家事の合間のブログ、大変だと思いますが、アキミツさんの近況や変わらぬ魚達を見れることがとても嬉しいです。

家事のすべてをしなければならいのでご多忙とは思います。くれぐれもご自愛下さいネ。

Re: No title

らいあます様
コメントありがとうございます。

> ブログが更新されないのをとても心配していましたが、アップされてとても安心しました。
> 家事の合間のブログ、大変だと思いますが、アキミツさんの近況や変わらぬ魚達を見れることがとても嬉しいです。

ありがとうございます。こちらこそまるで放置していたかのようになんの音沙汰もなくて申し訳ございません。


> 家事のすべてをしなければならいのでご多忙とは思います。くれぐれもご自愛下さいネ。

独身時代に多少家事をやっていたことがありますが、やはりその時とはまた異なる次元を感じております。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。