スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり来たかWindows Live Space終了

メールボックスを見たら、Windows Live チームからのメールが来ていた。
内容は、簡単に書くと「Windows Live Spaceは2011年3月16日をもって終了」ということだ。


やはり来たか。こう来ると思ったよ。

Windows Liveの改変で、Spaceのほうのやる気のなさがひしひしと伝わってきていたしな。
そしてわしも実際このようにブログを移転したし。

で、今までの記事をWordPress.comに移転できるらしい。


んー。どうしたものか。
はっきり言って英語ベースのWordPress.comには興味ないし。二股かけるつもりもないし。
でも今までWindows Live Spaceに書いたものの中で一部はとってもよくできた記事もあったしなぁ。


過去記事を自分のPCにダウンロードすることができるということなので、
過去記事の中で、これはもう一度掲載しても良いと思えるものを再構成して、こちらにアップする、という方向で行こうと思う。
そして、こちらFC2で「『旧』日韓ちゃんぽん」にリンクしているものは、あとでリンクを整理しようと思う。

「『旧』日韓ちゃんぽん」にコメントを下さった皆様、それでいかがでしょうか?
スポンサーサイト

秋夕前日の蟾津江

毎年行っているのだが、今年の추석(チュソク 秋夕 韓国の旧盆)も우리 집사람の実家に行ってきた。
韓国は秋夕の日とその前後1日の合計3日間が休日になる。今年の秋夕は水曜日。だから火曜から木曜までが休みになるのだけど、会社によっては追加で月曜を休みにしたり金曜を休みにしたりして、週休2日制の会社なんかは前の修の土曜日から合わせて9連休なんてことになっていた。わしの事務所はそんなの全然ないけどな。

で、秋夕前日の早朝というか未明に出発して、いつもより1時間半オーバーで到着。毎度毎度名節の民族大移動はどうにかならないかなぁと思う。
우리 집사람の実家では、時間があれば農作業を手伝ったりするのだけど、今回は秋夕前日の午後から秋夕一日中雨が降ることが予報されていたので、農作業がなしになった。秋夕の料理は우리 집사람やその妹や장모님(家内の母)や家内の兄嫁やら、女性の手がたくさんあるし、송편(ソンピョン 松餅)なんかは子供たちがわいわいやりながら作っている。わしだけヒマ。そんなわけで午前中は民族大移動の渋滞の疲れを癒し、午後まだ雨が降りそうになかったので、ちょっと川に行ってきた。

場所は섬진강(ソムジンガン 蟾津江)。家内の実家から車で10分行けば금강(クムガン 錦江)にも行けるのだけど、いやぁやっぱりここは蟾津江でしょう。衛星写真を見ていて、ちょっと面白そうな場所を見つけたのでそこに行ってみることにした。「行ってきました南方ガサガサ 蟾津江(ソムジンガン)編その1」とか「久しぶりに師匠と会ってガサガサ その2」のポイントよりも上流。まぁ車で15分ほどさらに行けばその場所にいけるのだけどな。

20100921143419.jpg
採集地の様子。蟾津江は画面奥から右側のほうへと流れている。そこに支流が左側のほうから流れ込んでいる。もうちょっと行ったところでは別の支流が流れ込んだりしているし、この場所はこの場所で、早瀬あり、葦の茂みあり、ワンドあり、浅瀬あり、深みありと、一日回っても回りきれないくらいポイントがたくさんある……ように衛星写真では見えたのだが、行ってみると実際その通りだった。ただし、ずっと続いた雨の影響もあって明らかに増水しており、早瀬も1年中ある早瀬なのか増水のために臨時でできている早瀬なのかを見極めるのはちょっと難しかった。

さっそく網を入れてかかったのがこれ。
돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
……最初は왜매치(ウェーメーチ 和名チョウセンゼゼラ Abbottina springeri)かと思った。돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)にしては大物過ぎる。それに胸びれに黒い斑点が出ている(わしの良く見る돌마자は胸びれにほとんど黒い斑点がない)。

돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
次に目に付いたのが、オレンジ色の唇。돌마자や왜매치も多少オレンジ色になるけれど、なんか唇がでかくね?

돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
と思って魚をひっくり返してみた。やっぱでかいよ。

これってもしかして、絶滅危惧1種の모래주사(モレジュサ 和名コブクロカマツカ Microphysogobio koreensis)では?
でも本当に모래주사だったら、鼻と目との間がだいぶ長いはず。これは短いと思う。모래주사の特徴は、鼻と目との間がカマツカほどではないけれどもかなり長くなっていること(「ズナガ」と言ったら分かりやすいだろうか)、その分唇が長く厚くなっていること等。

ここで모래주사がとれる!?


続きを読む

tag : 蟾津江

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。