スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「韓国の魚とその和名」を改訂

タイトルの通り、「韓国の魚とその和名」を改訂しました。

魚への写真のリンクはまだまだ資料が少ないため入れられなかったのですが、かなり改訂しました。
誤字脱字、内容の間違い等がありましたらご指摘下さいませ。
スポンサーサイト

仕事のついでに平昌(ピョンチャン)深夜ガサガサ

先日、仕事で江原道は평창(ピョンチャン 平昌)に泊りがけで行く用事ができた。職場全体の用事だったのでバスで移動する予定だったのだが、ちょうどその出発の日の午前中にパソコン関係の仕事が入り込んで、皆と一緒のバスでは行けなくなり、あとから別便で行くことになった。職場の公用車を使っても良かったのだけど、せっかくだからということでわしの自家用車で行くことにした。

「せっかくだから」というのは正しくない表現だ。
職場全体の泊りがけ行事は、夜が暇になる。他の職員たちは노래방(ノレバン カラオケ)に行ったり各部屋で盛り上がったり、若い衆はPSPを持ち込んでモンスターハンティングに駆り出したりするのだが……。
時間はたっぷりある。わしの自家用車。わしの車には当然ガサガサ道具一式がいつでもできるように積まれている。しかも場所は漢江水系上流部の平昌だ。
これはもうやるしかないでしょう。だから、「ここまで来たんだし、せっかくだからついでにガサガサできるように」というのは正しくない表現だ。「チャンスが十分にあるから、計画的にガサガサするつもりで」というのが正しい表現だな。

そんなわけで、計画通りに深夜ガサガサしてきたぜ。場所や魚種のほうは計画通りとは行かなかったけどな。
 

続きを読む

寒い中ご近所夜ガサ

12月ともなると、わしのいるところでは朝の気温が-10度を下回るときがぼちぼち出てきた。こんな季節、完全防水&防寒で超あったかい&ひじくらいまである長手袋はないものかといつも思うのだが、そんな製品には出会えず、仕方なしに軍手の上に台所用奥様ゴム手袋をはめて川でガサガサしている。

先日も仕事が遅くなった帰りに川に行ってガサガサしてきた。寒いのに何してるんだろうねわし。ちなみにそのときの気温は-5度くらい。網を水面から上にあげてしばらくすると、網がその形に固まってしまう状況。動かないと体が寒い。動けば寒くなくなるけど、軍手&ゴム手袋でも水の冷たさが伝わり、しかもその水が手袋の上で凍るものだから指がしもやけになってしまう。それでしばらく指を動かさないで血行の回復を待つ。すると今度は体が寒くなってくる。これを繰り返すわけだが本業でもないのにそこまでして本当に何してるんだろうねわし。

それでも安全第一でやっております。夜ガサにおいて安全確保は絶対守らなければならない条件だからな。行った場所もわしの家の前を流れる조종천(ジョージョンチョン 朝宗川)の、いつも行く場所からちょっとだけ上流地点。

続きを読む

ソウルに近いところでガサガサ

先日、昼間にちょっと時間があったので、川に行ってみた。
今回はどこに行ったかというと、京畿道남양주(ナムヤンジュ 南楊州)市。ソウル市の東のほうにあるベッドタウンだ。わしの家から車で25分くらい行ったところに왕숙쳔(ワンスクチョン 王宿川)という川があるのだが、その川を眺めつつ、最終的にはその川の支流でガサガサを行うこととなった。

20101114174803.jpg
場所はこんなところ。ガサガサを終えてから撮影したため日が落ちて暗くなってしまって申し訳ない。

で、なんでこんなところでガサガサをするかというと、ひとえに「持ち駒の拡充」というか、いろんなポイントをより多く知っておきたいが為。果たして、この場所は一応「ひとつのポイント」になりうる場所だった。

続きを読む

汶湖川にて夜ガサガサ

今年2010年の11月のある日、例によって仕事が遅くなった帰りに川へ行った。
今回は문호천(ムノチョン 汶湖川)。ここは今年3回目か4回目くらいになるのだが、今年は行く度に川の流れが変わってていやになる。いやになるのは自然現象で川の流れが変わっているのではなく人為的に川の流れが変わっているからである。去年2009年に井上さんと行った時には줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)がわんさかだったのが、今年になって줄납자루がだんだんとれなくなり、납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)ばっかりとれるようになってつまらなくなった一方、피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)の大物サイズやら体長24センチの巨大모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)なんかがとれてたりした。

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
これがその時の巨大모래무지。


今回も川に行ってみたら、やっぱり流れが人為的に変わっていて、ここはもう仕方のないことかとあきらめつつ、それでも小さな魚たちが目に見えていっぱいいるので、さっそく網を入れることにした。

続きを読む

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。