装備のほうが駄目だった

前回の続き。

行った所がなんか早瀬の部分以外では魚が網にかからない状態だったので、こりゃだめだとそうそうに引き上げた……ことは前回の最後に書いた。

まだまだ時間があったので、何箇所か衛星写真を見ながら目をつけていた場所のうち、別な場所に行ってみることにした。
20110613135802.jpg
選んでみた場所はこんなところ。同じ섬강(ソムガン 蟾江)のちょっと上流。魚影が見える。まぁどうせ피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)だろうけどな。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : Gobiobotia

江原道原州にてドジョウカマツカ堪能

休みの日にちょっと遠出をしてきた。場所は江原道の원주(ウォンジュ 原州)というところ。
ここには섬강(ソムガン 蟾江)という南漢江の支流がある。南漢江の支流の中でも重要な支流のひとつだ。位置としては先日の「南漢江中流域支流ガサガサ」で行った여주(ヨジュ 驪州)の隣であり、より上流側だ。

なぜここに行ってみようと思ったかというと、これが前回を引きずっている。すなわち「南漢江のドジョウカマツカ(Gobiobotia)属」を探しに、4大河川事業で消えうせてしまった이포(イポ 梨浦)の早瀬から少しずつ遡ってみた訳だ。衛星写真を見ると、梨浦大橋のところから南漢江をずっと遡れば驪州の町の近辺にいくつもの早瀬を見る事ができる。ところが4大河川事業は梨浦だけでなく驪州近辺もさらに2箇所くらい工事を行っており、これらの早瀬が壊滅した。
南漢江をそのまま遡っていくと、東に行ったところで壁にぶつかったように南北に分かれる。南漢江はその南側が本流であって、北側が今回行った蟾江だ。すなわち、蟾江の早瀬は南漢江にもっとも近い「広い早瀬」ということができる。

20110613072010.jpg
そして、おそらくここがその早瀬。
水温は高く、水は黒褐色に濁っている。川底の石にはあやしいコケやら汚染物質。見える魚影は生まれたばかりの稚魚の群れのみ。
こんな環境で大丈夫か。大丈夫だ、問題ない。
 


続きを読む

tag : Gobiobotia

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク