次々と失われていくタナゴポイント

そういえば、先月行っておいて記事にまとめるのを忘れていたのがあったことを思い出して今書いている。

以前「ソウルに近いところでガサガサ」という記事を書いたが、その場所に行ってみた時のこと。いつものように仕事が遅くなった帰りに川へ行ってみた。
20110611020208.jpg
ところが、写真では分かりづらいのだが、そこには以前なかった橋柱がつくられていた。要するに橋の下の様子がだいぶ変わっていたのだ。

この橋の下は以前、각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)が大量に生息していた。今回行ったのもこの각시붕어に会いたくて行ったわけだが……

結論から先に書くと、あまりにも非常に厳しい状況になっていた。
相変わらず피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)はものすごい数がいたが、肝心の각시붕어に会えない。仕方なく犬に吠えられつつも以前見てみた範囲よりも広い範囲を練り歩きつつガサガサしてみた。
 




続きを読む

スポンサーサイト

長雨の増水ご近所プチガサガサ

韓国も梅雨の季節。梅雨といっても例年は「1週間に2・3日くらいずつ雨が降る」といった程度で、大雨は決まって「梅雨でも台風でもない8月頭」にやってきていたのだが、今年はなんだか梅雨入りと同時に大雨。しかも連日雨が続いている。
大雨といえば増水。そしてイレギュラーなところにもぐりこむ魚たち。ちょうどうちの꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)たちが腹減ったとわしをじっと見つめるので、増水の具合が安全な頃を見計らって、家の前の川に行ってきた。

20110701152014.jpg
200ミリ以上の降水のあとで、水もこの通り澄んでいる。コンクリート面での水深は10センチもない程度で、自転車を乗り回している親父もいるくらいの安全性。
夜もそうだが増水中に川に行くのは安全第一だ。無茶は禁物。安全性が確保できないなら川に行ってはいけない。さもないとこうなる。
20110701153449.jpg
ただのヘリコプターだって?とんでもない。これは消防署所属の救難ヘリである。
20110701153457.jpg
実はこのヘリ、大雨が降ったときに川に落ちて失踪した人を捜索中なのだ。失踪した地点はずっと上流だがこの写真を撮っている時点では発見されていなかった。数日経過して、この川と北漢江との合流地点付近にて発見されたが……
本当に川に行くのは知識や技術よりも情熱よりも安全第一。何よりも安全第一で。

続きを読む

生息確認失敗

韓国では、インターネット上で活動する同好会を「カフェ」と呼んでいる。
そのカフェは様々なジャンルがあり、川魚の同好会もあるわけで、わしはそのうちのいくつかに加盟もしている。このブログでたびたび出てくる「師匠」をはじめとする韓国の方々はそうしたカフェにて出会った方々である。

そのカフェの掲示板を眺めていたら、1997~98年頃の思い出と称して、왕숙천(ワンスクチョン 王宿川)の中流で점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)がたくさんとれたというのを偶然目にした。
なんと왕숙천!わしの家から25分ほどで行けるところにある川に점줄종개が!?ここ数年間の왕숙천採集レポート(他の方による)でも점줄종개なんて全然出てこなかったぞ。
さっそくわしはその書き込みをした方に聞いてみた。場所はどの辺りか。今も生息するかどうか。こんなことを聞くのにカフェ上の掲示板やそのコメント欄を使用するのはNGだ。日本でもそうだが韓国の淡水魚カフェでも魚の具体的な生息地情報を公開する事は、環境保全の意味でもNGなのだ。それで「こっそり」聞いてみた。すると、しばらく訪れていない場所なので生息するかどうか分からないとのこと。それではわしが行って確かめてきましょうということで、わし自身も久しぶりに왕숙천に行ってみた。

20110621135326.jpg

申し訳ない話だが相変わらずきれいじゃないなぁこの川は。川面に緑色の変な物体が至る所で浮いている。ソウルのベッドタウンを流れる川だから仕方ないか。
 

続きを読む

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク