スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋夕の日に一人で何やってんだか蟾津江ガサガサ

2011年9月12日は陰暦で8月15日。韓国では추석(チュソク 秋夕)といって、要はお盆だ。このお盆休みの間、韓国では民族大移動が起こる。我が家も처갓집(チョガッチブ 家内の実家)に行くのに渋滞を避けて、日が昇らないうちに出発し日が昇ってから到着、というのを行きも帰りも行った。

秋夕では実家にてどんな事が行われたかを知りたいなら、最近は韓国に嫁いできた日本人婦人たちがいろんなところで다문화가정(ダムヌァガジョン 多文化家庭)ブログをつくっているから、そっちのほうが詳しいし面白い事が書いてあると思うので、わしのところはやっぱり魚とりを書かねばなと思うのである。


そんなわけで秋夕当日、タイトルにもあるとおり、섬진강(ソムジンガン 蟾津江)へ行ってきた。

秋夕当日は天気が悪かった。雲が多く、一時雨が降るとの予報も出ていた。実際、当日朝、家族全員で秋夕の제사(ジェーサ 祭事:テーブルに食事等を並べて御先祖様をお迎えする事)をしている時は雨が降っていた。ただこれはまだましなほうだ。台風14号が9月10日の午前中に済州島の南で熱帯低気圧に変わらなかったら、大雨で川へ行くどころか처갓집から無事帰ってこれたかどうかも分からぬところだ。

とりあえず「曇りだが、よく見ると雨が降っているのがわかる」天気の中をひとり出発。
今回の目的魚種は큰줄납자루(クンジュルラプジャールー 和名オオイチモンジタナゴ Acheilognathus majusculus)だった。こいつをゲットするのに自分が今まで行った中で一番確率の高かった場所に向かった。ところがだ。

20110912110131.jpg
「上水源保護区域」「危険地域につき漁獲・釣り一切禁止」だとー!
前に来た時はこんなのなかったのに。特に上水源保護区域がやっかいだ。ここではガサガサできなくなってしまった。

仕方がないので場所を移動した。上水源保護区域の立て札が立っていないところを見定めながら上流へと移動して、着いた場所がここ。
20110912113303.jpg
ちょうど雨がやんで、日差しがさすようになってきたところなので、ここでガサガサしてみることにした。
なかなか良さそうな場所ではあるのだけど……。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 蟾津江

カラゼニタナゴかな?の稚魚を撮ってみた

先日とってきた貝の中から稚魚が孵化したことは日記にも書いた。またさらに稚魚が孵化したこともそのコメントで書いた。

今回、よい機会だと思い、写真を撮ってみた。

なにしろ稚魚写真なので、稚魚の採集方法から撮影方法までいろいろと課題尽くしの中、ひとまずやってみたので、拙い結果ではあるがお目にかけたい。

今回使用した器具はこちら。

20110905105248.jpg
稚魚の採集にはスポイトにエアチューブをつけたもの。
稚魚の撮影には、某社から発売されている水中の硝酸塩とかを測るときに使う角型メスシリンダー。

要するに稚魚を吸い出してエアチューブの中に閉じ込め、シリンダーの中に水ごと移して撮影しようという魂胆だ。

前もってお詫び申し上げるが、プラスティック製のシリンダーにコンデジによるマクロ撮影、しかも撮影者(つまりわし)が「どういう風に撮影すれば学術的価値のある写真となるか」についてまるで分かっていないものだから、本当に「撮ってみた」レベルの写真でしかないと思う。
 

続きを読む

上流域の魚と下流域の魚が混じり合う場所

今回も例によって仕事が遅くなった帰りに川へ立ち寄った。

場所は南漢江の支流。今回の目標魚種はタナゴだった。납지리(ナプジーリー 和名カネヒラ Acheilognathus rhombeus)か흰줄납줄개(フィンジュルナプジュルゲェ 和名タイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus ocellatus)を狙っていた。

当初の目的地はその川と南漢江の合流地点から300メートルほど遡った地点だったのだが、あいにくそこは人がいてなんか盛り上がっていたので、仕方なく上流側へと移動をして、たどり着いた場所が合流地点から2.3キロ遡った地点。そこには堰があり、民家は片手で数えるくらいに見えるが川に下りれば民家の明かりはまったく見えず、空を見上げれば天の川が見えるくらいに真っ暗な場所だった。

あまりにも真っ暗なので夜景写真も撮れない。今回風景写真が無くて申し訳ない。

ともかく、その場所で堰の下に降り立ち、一番最初に目にして網に入れたのがこの魚なのだが。

버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)
버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)。

ん?何ゆえにこんなところに버들치が?
この支流は長さ10キロ以上あるはずで、一番下から2.3キロしか遡っていないのに何故上流域に住むはずのこいつが?

そう思いつつ目標魚種をタナゴに設定していたわしは、これからダマされ続けることになるのだった。

続きを読む

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。