行ってきました夫余錦江支流ガサガサ

前回の続き。

「達人」조先生から「ここに行ってみな」と指摘された場所。そこは、금강(クムガン 錦江)の本流ではなくて支流だった。この場所でも今回の目標魚種である됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)がいるのだという。
さっそく現地へ移動。カーナビがなんか達人の指定した道とは違う道を案内してきたが、なんとか無事現地到着。「水の少ないときには早瀬ができる」と言われたその場所は、残念ながら錦江本流の水がそのままあふれてきたかのように、濁った水がゆっくりと流れている場所となっていた。


果たしてその場所は……その達人ポイントは、実に恐るべき場所だった。

前もって書いておこう。わしは3度叫んだぞ。3度!


続きを読む

スポンサーサイト

tag : 錦江

保寧淡水生態館探訪

春になり、急な仕事もひと段落したので、さぁそれじゃあ川に行ってみようか、となるでしょう普通。
世間様はともかくとして、こんな辺鄙なブログをチェックしてくださっているような方々からはご賛同いただけるはず。
そりゃあもうわしとしては川に行きたくてウズウズしておりましたとも。

今回のターゲットは、昨年の目標であったMicrophysogobio全種ゲットの最後の種。ここで大敗を喫した됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)である。この魚、금강(クムガン 錦江)の下流域でも採集可能な事が知られている。もうちょっと分かりやすく場所を挙げるならば、忠清南道の공주(コンジュ 公州)とか부여(ブヨ 夫余)のあたり。このあたりは古くは百済の国があったあたりだ。日本ともなにかと縁(対朝鮮史の中では、割と良い縁)のある地域だな。


というわけで行ってきたぜ錦江下流ガサガサ!




え?それじゃどうしてタイトルがガサガサになってないんだって?


いや、まぁ、その。とりあえず着いた場所がここ。



堰があって、サイクリングロードがあって、その先は錦江本流だ。


さて、ところが……タモ網を入れて水深がどれくらいか測ってみたら、堰の上も下もタモ網がすっぽり入ってしまってなお底に付かず。うわぁ……釣りならともかく、これじゃガサガサは無理だよ。
よく見ると、このあたりは樹が途中から水面の上に出ている。ようするに1mとかそれ以上の規模で水位が上がっていると言う事だ。

実はこれ、増水してこんなになっているのではなく、4大河川事業の結果こうなったのだ。
韓国の4大河川(厳密には多分韓国の5大河川のうち4つ)の本流に、それぞれ何箇所か堰ができた。その堰のせいで水位が上がったのだ。
自分は今回の場所の選定の際、工事が行われる場所の下流側は工事の影響で生態系にかなりダメージがあっただろうと推察して、4大河川事業でできた堰の上流側に来た。だがそこは想像以上に水位が上がっていた。南漢江の河川事業を見る限り、水位の上昇はそれほどでもないとたかをくくっていたが、錦江は事情が違っていたようだ。

場所を再考しない限り、ガサガサできない…!



苦し紛れに、にわか湿地帯のようになってしまっている場所で網を入れてみた。とれたのはモロコ一匹。참몰개(チャムモルゲェ 和名コウライモロコ Squalidus chankaensis tsuchigae)と思われる。き、厳しい。

今回の旅程は1泊2日。1日目は午後出発なので現地に着いても視察メインで本腰は入れず。ガサガサは深夜から2日目朝にかけて行い、2日目昼に帰るという予定だった。


というわけで、心を「1日目のサブイベント」に切り替えることにした。平たく言えば、1日目のガサガサを諦めたわけだが。

続きを読む

tag : 保寧

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク