北漢江プチ夜ガサガサ

先日も、仕事が遅くなった帰りに川へ寄ってみた。
今回の目的は、デルヘッジ様の生贄探し。だからさくさくっとプチ夜ガサガサだ。
行き先は……まぁ近所でも良かったのだけど、北漢江。まぁ近所と言えば近所だが。我が家よりもちょっとだけ下流の、山から下りてくる支流が合流する地点だ。川の本流が太くなればなるほど、支流との合流地点のようなランドマークに魚が集まっている……ような気がする。

場所の状況をもう少し具体的に書くと、支流はカボチャ大のごろごろした石と直径1センチにも満たない小石の混じりあったところを流れ落ちて北漢江に注ぐ。当然その北漢江に支流の水が落ちたところは、カボチャ大のゴロゴロした石が底となる。しかしながら、その流れ落ちる地点からみて北漢江の下流側には、砂底となっているところがあり、また浅い泥底となっているところもある。

続きを読む

スポンサーサイト

漢江夜ガサガサ

先日、達人の館を訪問した際に、됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)が한강(ハンガン 漢江)にもたくさんいるという話を伺った。
その話は知っていた。だが、「北漢江」と「(南)漢江」が合流して「漢江」となるその流域は公園化が進み、また上水源保護区域とかそれに相当する区域とかに大部分が設定されていたり、特定の支流とその河口(漢江との合流点)付近が釣り等の禁止区域に設定されていたり、汽水域は汽水域で軍事的に立ち入り禁止地域(北と近かったり、実際国境線となっていたりする)に設定されていたりするので、合法的にガサガサできる場所を探すのはとても難しいと思われた。
また、ソウル市が独自に保護種を設定していて、その中に됭경모치が含まれていた。

では、本当に漢江でガサガサする事ができないのだろうか……と考えて、いろいろ調べてみた結果、どうやらここの場所は釣り等禁止区域ではなさそうだ、という場所を見つけた。ヒントはソウル市以外。

実際、達人が教えてくださったポイントは既に釣り等禁止区域に設定されていた。だがそれがヒントとなった。そこで、仕事が遅くなった帰りに、ちょっくら漢江まで行ってきた。


こんな場所。川幅は800メートルをゆうに越えているから、もう汽水域と言っても良い場所だろう。もしもわしが見立てた場所が実は釣り等禁止区域だったりしたら御免なさいってことで。

実は、됭경모치のほかに、もう一種類出会ってみたい魚がいた。そしてその魚は、この場所で出会えそうだった。だからちょっとだけ期待してみたのだ。

結論を先に書くとね、됭경모치にもそのもう一種類の魚にも出会えなかったよ。

続きを読む

行ってきました夫余錦江支流ガサガサ:撮影タイム

前回の続き。


短い仮眠の後は簡単に食事をして撮影タイムだ。피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)たちはみんな飛び跳ねて、生簀代わりのタモ網からいなくなっていたが、それ以外の魚は特に問題なし。



続きを読む

tag : 錦江

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク