師匠&達人と保寧ガサガサ! その1

7月に入り、韓国も梅雨の季節に突入した。連日、野外活動を控えたくなるような天気が続き、時には雨が激しく降って川も増水した。
そんな中、師匠の主催する淡水魚カフェ(インターネット上の同好会のようなもの)では、かねてより7月にオフラインミーティングを計画していた。わしもこのオフラインミーティングに参加すべく、日程の調整などをしていたのだが、7月に入り梅雨前線が停滞して、週間予報でこのオフラインミーティングのときに天気が悪くなる予報が出ると、残念な事だがオフラインミーティングの参加予定人数が少なくなってしまったようだった。

オフラインミーティングの開催地は、1週間ほど前に보령(ボーリョン 保寧)に決まった。保寧といえば5月に行ったばかりな訳だが、また行けるというのは実に光栄な事だ。それに奇跡的なことだが、保寧はここ1週間以上、まとまった雨が降っていなかった。従って川の環境などは梅雨の影響を殆ど受けていないと思われた。
オフラインミーティングの日程は1泊2日。そして韓国の天気予報では、1日目は曇りで殆ど雨の心配はなく、2日目に雨が降ると言うふうになっていた。魚の採集に出かけても、1日目は可能だが2日目は難しいという予報だ。だが、わしには勝算があった。

と言うわけで1日目。仕事を午前中に全部片付けて、いざ保寧へ!


初めて利用するぜ서해안고속도로(西海岸高速道路)。わしの家のほうでは雨が降っていたが、天気予報どおり南下するにつれて雨はやんだ。


そして達人の館である보령민물생태관(ボーリョン ミンムルセンテェグァン 保寧淡水生態館)に到着。ここが今回の集合場所であり今回の宿泊場所だった。魚をとるものにとって必要なすべてが完璧に揃っている場所だ。素晴らしい。実に素晴らしい。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 保寧

洪川江支流河口夜ガサガサ

前回で줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)にたくさん出会えたとき、そういえば홍천강(ホンチョンガン 洪川江)のところの줄납자루天国はどうなっているだろうか、と思った。

あのときの大漁はまぁ時期的なものだろうけど、それでも何度か訪れる際には必ずかなりの数の줄납자루と出会う事ができる。それで、久しぶりに行ってみた。


採集地の夜景。タイトルにも書いたとおり、ここは洪川江の支流で、その川と洪川江との合流点が目と鼻の先にある。灯りがともっているのが洪川江にかかる橋だ。

 

続きを読む

tag : 洪川江

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク