スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠&達人と保寧ガサガサ! その4 キタトビハゼ(仮)!!

前回の続き。

말뚝망둥어(マルットゥクマンドゥンオ 和名トビハゼ Periophthalmus modestus)は第1背びれと第2背びれとの間が開いている。第1背びれをたたんでも、そのヒレは第2背びれには達しない。
しかし、韓国には「第1背びれをたたむと第2背びれに達する、ヒレの大きなトビハゼ」がいる。それが、1995年に新種として発表された、큰볏말뚝망둥어(クンビョッマルットゥクマンドゥンオ 和名不明 トビハゼ属の魚 Periophthalmus magnuspinnatus)だ。
ハゼ科の魚は陛下の研究のおかげか、和名がついているものが非常に多いのだが、このトビハゼは和名がついていないと思われる。名前を直訳すると、「オオトサカトビハゼ」となる。第一背びれを「鶏冠」と見立てたのだろう。
現在、この魚は韓半島の固有種ということになっており、말뚝망둥어と並んで全世界のMudskipper達の北限に生息する。말뚝망둥어は日本や台湾を含め割と南のほうまで生息しているようだし、この魚はキタトビハゼと命名されてもおかしくない。ちょうど「ミナミ」もいることだし。


さて、我々はこの魚に会いに、再び移動を開始した。そして着いた場所は市内。대천천(デェチョンチョン 大川川)の下流ではあるけれど、今日の最初の採集場所よりも上流にあるところだ。


採集場所はこんなところなのだけど、さあて、ここで問題。큰볏말뚝망둥어は一体この写真で言うとどこに生息しているでしょうか?
①川の水の中
②川岸の水際
③川岸の泥でできた土手の斜面
さあどれ?答えは↓「続きを読む」をクリック!

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 保寧

師匠&達人と保寧ガサガサ! その3 干潟へ!

前回の続き。

朝5時頃、強い雨の音で目が覚めた。師匠と達人は夢の中。スマートフォンで天気予報を確認する。朝6時から午後3時までずっと5ミリ以上の雨の予報。わしはフフンと笑いながら再び身を横たえた。にわか雨は程なくして止んだ。

そして朝8時頃全員起床。雲が全天を覆っているが雨は降っていない。
ひととおり道具を揃えて出発。보령(ボーリョン 保寧)市内の食堂で朝食をとった。雨は降っていない!

そして、まず最初の採集地点に到着。雨は降っていない!!

以前、おいかわ丸殿とTommy殿が来られたときにも、雨予報にもかかわらず採集場所では雨が降らないという現象が起きた。あの時はまさに神の采配。それと同じ現象が今回も起きているのだ。
あの時もそうだったが、日程がずいぶん前から前もって分かっている場合、神様に祈願書を書いてお祈りをしていたのだ。それで神様が願いを聞いてくださったのだ~。
なんちゃって。(´・ω・`)

前々回にて、「わしには勝算があった」と書いた。実は、韓国の気象庁の予報ではずっと書いてきたとおりだったのだけれど、日本の気象庁の予報によると、この日、「梅雨前線が北上する」という予報が出ていたのだ。
果たして、この日の天気は日本の気象庁の予報どおりの展開となった。さすが日本の気象庁!


そして干潟へ!
ちなみに韓国では、干潟を갯벌(ゲェッボル)という。ちなみに磯は갯바위(ゲェッバウィ)だ。

続きを読む

tag : 保寧

師匠&達人と保寧ガサガサ! その2 (今回はガサガサしてません)

前回の続き。

ガサガサを終えて、いったん達人の館に戻った我々。とってきた魚を再度分類して、シャワーをして、網やウェーダー等を洗って、ちょっと一服。この達人の館には、魚を分類し、シャワーをし、網やウェーダーを洗って干し、ちょっと一服するためのすべてのものが備わっている。素晴らしいったらありゃしない。

そして、夕食は今年5月にわしが訪れた際に行った海鮮屋にて、刺身&メウンタンを食べる事になった。


全羅道式なので、つきだしはこんなに出る。これでメインディッシュが出ていないんだぜ。


ふと窓のほうを見ると、おお?これは쇠똥구리(ソェットングリ フンコロガシ)じゃないか。
韓国にはフンコロガシの仲間が19種いるが、今はもうその殆どが糞を転がさず、済州島にいる種が絶滅危惧種になっている、というのがどこかに書いてあった。

そこでは、なぜか前回と同じく왜몰개(ウェーモルゲェ 和名ヒナモロコ Aphyocypris chinensis)の話をしたり、また前回と同じく뱀장어(ペムジャンオ 뱀(蛇)長魚 和名ニホンウナギ 日本鰻 Anguilla japonica)の稚魚실뱀장어(シルペムジャンオ 실(糸)뱀(蛇)長魚 シラスウナギ)の価格高騰の話などをした。なんでも今年、실뱀장어の1キロあたりの価格が韓国では4000万ウォンを超えたそうな。ひえぇ(;_;) ただ、達人の話によると、실뱀장어には1次・2次・3次があって、最初に河口にたどり着く1次は個体の大きさが大きく、後になってたどり着く3次は個体の大きさが小さいため、同じ1キロといっても個体数に差がかなり出るそうな。


でもって、帰ってからは「人数3人だけど、一応オフラインミーティングらしい事をしよう」ということで、師匠が達人조先生のパソコンでプレゼンテーションをしながら、論文のネタを3つほど披露する事となった。


ということで、まずはハゼの話から始める師匠。

要するに、ここから先は簡単に言うと、夜更けまでマニアトークが炸裂しまくったぞという話だな。

続きを読む

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。