洛東江水系上流へ行ってみた。栄州ガサガサ

休みの日。デジカメも新しくした事だし、ちょっとガサガサしに行こうかな、と思い立った。
さて、どこへ行こう?そう考えたときに、낙동강(ナクトンガン 洛東江)水系に行ってしまおうかという思いになった。
洛東江水系といえば、簡単に言うと慶尚道のことだ。洛東江は河口が釜山にあり、我が家から見て遠いところにある河川と言える。しかし、その支流を含めて上流部というくくりにすると、要は慶尚北道の北のはずれにある場所を訪れれば、そこは事実上洛東江水系ということになる。具体的には、문경(ムンギョン 聞慶)とか영주(ヨンジュ 栄州)あたりが高速道路が通っていてアクセスしやすい洛東江水系と言うわけ。
ただ、過去に龍宮に行った事があり、そこは聞慶の近くなので、今回は栄州のほうに行ってみようと思った。
距離を考えればはっきり言って聞慶のほうが近い。しかし、聞慶に行くときに通る中部内陸高速道路は産業道路としての意味合いが強く、トラックやトレーラーが非常に多く走っており、また20キロメートル近い区間制限速度取締りをやっていて、その区間内は制限速度以下でずっと走らなければならないため、乗用車で走るのに大変ストレスがある。それに比べて、栄州のほうに行くときに通る中央高速道路は区間制限速度取締りをやっている距離も短く、トラックやトレーラーがちんたら走っていないので快適ではある。

ということで、高速道路を降りたところが栄州市のはずれ。
そして、そこに流れる川は龍宮で流れていた川の支流の支流……で合ってるかな。


距離にすると多分800メートルくらいの間をガサガサやってみた。いつもなら、魚がとれたところでその場で写真撮影を始めたりするから、時間単位で考えると歩き回る距離はさほどではない。しかーし、今回からはガサガサタイムはガサガサに徹し、撮影タイムは撮影に徹することにしたので、いつもよりも長い距離を練り歩くことになった。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 洛東江水系

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク