スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大先輩&達人と百済方面ガサガサ その2 達人の館で撮影タイム

前回の続き。

食事後は보령민물생태관(ボーリョンミンムルセンテェグァン 保寧淡水生態館)、いわゆる達人の館へと向かった。
実は夕食のとき、達人の奥様はいらっしゃらなかった。奥様は保寧の市内で御用事があり、帰りがけに奥様をお迎えに行く事になっていた。我々の食事が思いのほか早く終わったため、待ち合わせの時間まで時間があるため、海水浴場を見に行ってたりしたわけである。

奥様をお迎えに行く途中に、추어탕(チュオタン 鰍魚湯 ドジョウ汁)の店があった。そこには、「養殖ドジョウではなく、조성장先生がとった天然ドジョウを使用しています」という看板が。盛り上がる井上さんとわし。夜じゃなかったら写真を撮りたかった。次に保寧に来た時にはここで食事をしなければならないねーなんて会話をしていたら、奥様との待ち合わせ場所はその店のすぐ近くだった。

続きを読む

スポンサーサイト

大先輩&達人と百済方面ガサガサ その1

このブログでもたびたび現れている「大先輩」井上さんが、6月初旬に来韓することとなった。
もともとはこの辺の成り行きで、当時가시납지리(ガシナプジーリー 和名チョウセントゲタナゴ コウガイタナゴ Acanthorhodeus gracilis → Acheilognathus chankaensis)は1匹釣れたものの、実のところもっと釣ってみたいと言う欲望があったし、なにより가시납지리の婚姻色が見たいという思いがあった。それでその当時、「今度は가시납지리が綺麗な時期に」なんて会話をしていた。
そして井上さんの来韓に火をつけたのが、韓国の淡水魚カフェ(インターネット同好会のようなもの)にて師匠が、가시납지리の話題を振ると同時に発言した「웅천천(ウンチョンチョン 熊川川)には巨大な줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)がいる」という内容だった。웅천천とは、忠清南道は부여(ブヨ 扶余)郡から보령(ボーリョン 保寧)市のあたりに流れる川で、中間に보령호(ボーリョンホ 保寧湖)というダム湖がある。
それで井上さん、6月初旬にフライトのチケットを取ってしまった。ところがそのスケジュールでは師匠が都合が着かないことが判明。釜山のほうで学会の発表があるとのことで、どうしても抜けられないときた。師匠涙目(多分)。しかし、保寧といえば達人조先生。連絡を取ってみれば「가시납지리の婚姻色はもうとっくに終わってるよ。だけどちょっとは残っている個体がいるかもしれないから、案内してやろう」とおっしゃってくれた。

そんなわけで、わしも便乗して行って来たぜ。
まずはその1として、井上さんと조先生ご夫妻とで回った、以前가시납지리を釣った서천군(ソチョングン 舒川郡)시초면(シチョミョン 時草面)と부여(ブヨ 扶余)郡임천면(イムチョンミョン 林川面)、そして청양군(チョンヤングン 青陽郡)청양읍(チョンヤンウプ 青陽邑)でタナゴ釣り&ガサガサをやってきたぶんについてレポートしようと思う。

朝早く家を出て西海岸高速道路をひた走り保寧へ。そこで前日に保寧入りをしていた井上さんと、「遅刻した」と言いながらやってきた達人조先生ご夫妻と合流。達人の運転する車に乗って、達人の運転するままに目的地へと向かった。先ほど紹介した保寧湖の脇を通り、そのまま山を過ぎると、そこは昨年가시납지리釣りに成功した도마천(ドマチョン 都馬川)の上流だった。
この川、やはり昨年가시납지리釣りに成功した付近で길산천(キルサンチョン 吉山川)に合流し、この길산천は금강(クムガン 錦江)に注ぐ。ちなみに合流地点は錦江の河口にほど近い場所となる。

続きを読む

Blackムギツク!!

先日、우리 집사람の実家に行ってきた。

우리 집사람の故郷は全羅北道にある용담(ヨンダム 龍潭)ダムの近くにある。このダムは금강(クムガン 錦江)という川にある。大韓民国の川といえば、京畿道・忠清北道北部・江原道を流域に持つ한강(ハンガン 漢江)、慶尚北道・慶尚南道を流域に持つ낙동강(ナクトンガン 洛東江)、忠清北道南部・忠清南道・全羅北道北部を流域に持つ금강(クムガン 錦江)、全羅北道南部・全羅南道東部を流域に持つ섬진강(ソムジンガン 蟾津江)、全羅南道西部を流域に持つ영산강(ヨンサンガン 榮山江)の5つの河川に大体の川が行き当たる。韓国の4大河川と言うと한강、낙동강、금강、영산강となるのだが、実際は영산강よりも섬진강のほうがずっと流路延長が長いし流域面積も広い。


ちなみにこれが龍潭ダム。
わしはこの龍潭ダムができる直前の風景を覚えている。美しい早瀬の河原と、その支流となる小川に飛び交うハグロトンボの群れ。雨が降れば川底に沈むのではないかと思われる橋を渡れば小高い山があり、その山は100メートルも行かないうちに越えてしまって、その先にはまた雨が降れば川底に沈みそうな橋。そこを過ぎればまた小高い山と橋……。似たような風景が続くため自分がループの中に閉じ込められてしまったような感覚。そしてその橋のすべてが금강というただひとつの川にかかる橋であった。この景色は2度ほど見たが、次に우리 집사람の故郷を訪ねたときにはすでにこの景色は失われていた。

話を元に戻す。
今回行った場所は、その龍潭ダムの下流。ダムから割と近い場所でもある。実は2009年8月にも금강でガサガサを行っており、旧日韓ちゃんぽんのブログのほうに掲載していた。その際も龍潭ダムの下流でガサガサを行ったのだが、今回行った場所はそこよりも上流になる。

続きを読む

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。