秋夕(チュソク)の任実川ガサガサ

最近ちょっと忙しくてなかなかブログが更新できず申し訳ない。


今年の추석(チュソク 秋夕 旧暦8月15日であり、旧盆のこと)は、毎年恒例のようではあるが처갓집(チョガッチブ 妻の実家)に行った。
通常、秋夕は前後1日をプラスして3日間の旗日になるのだが、今年は秋夕が月曜日になったこともあってか、秋夕プラス後2日が旗日となり、その前の土日と合わせて合計5連休となった。わしの仕事は週末に重要な仕事があって、日曜の夕方まで仕事をした後、家に帰ってすぐに家族全員で移動する羽目に。
仕事疲れの上に高速道路は民族大移動でさぞかし激しい渋滞が起きて、大変な事になるかと思われたが、高速道路の状況はなんとまったく逆。田舎方面への民族大移動は既に金曜の夜から日曜の昼までで殆ど終わっており、むしろ平日の夜よりも高速道路がすいている状態で、サービスエリアにはざっと数える程度にしか車が止まっていないなんて光景は名節では初めての体験だった。

今回の秋夕では、家内の両親を含めて、家内の兄弟(家庭)が全員集まった。秋夕当日の夜は晴れ渡った空にスーパームーンと化した中秋の名月が浮かび、思わずみんなで散歩に出かけたりなどして、実に有意義な한가위(ハンガウィ 秋夕のこと)となった。


まぁそれはそれとしてだな。


わしとしては当然ガサガサの装備を持っていったわけだが。
当然のごとく夜ガサガサに出動だと密かに息巻いていた訳だが。
男性陣からは「例によって行くよな?」とサムズアップされたりしていた訳だが。

家内&女性陣から「夜は行くな」と反対されたので、「それならば朝飯食べたら行く」と宣言。恐らくは農作業の手伝いがあるだろうけど、それには子供たちをこき使うということで了承をもらった。


と言うわけで行ってきたぜ섬진강(ソムジンガン 蟾津江)水系!
今回は蟾津江の支流である임실천(イムシルチョン 任実川)の下流に行ってみた。


そこは大きな樹が立っているところだった。写っている自動車と比較していただけたらと思うが、この樹の根元は実際には車のある高さから3メートルほど下になる。このくらいの大きさの樹は、日本では普通にありうる大きさだが、韓国の里には実はあまり大きな樹はない。このくらいの樹でも大きいほうと言う事ができる。衛星写真を見ると、この樹の陰が道を隠し近辺の地形を隠している。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 蟾津江

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク