スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順天郷(スンチョニャン)大学行ってきた

先日、忠南牙山(アサン)市にある순천향(スンチョニャン 順天郷)大学に行ってきた。

事のいきさつはこうだ。
おいかわ丸博士がカマツカ亜科の産卵行動について広く研究をされていて、韓国に住む魚の産卵行動にも興味をもたれ、わしのところに問い合わせがあった。
韓国のカマツカ亜科といえば、非常に粘りっこい卵を産む쉬리(シュイリ 和名ヤガタムギツク シュリ Coreoleuciscus splendidus)とか、ムギツク同様詫卵をする감돌고기(カムトルコギ 和名クロムギツク Pseudopungtungia nigra)、詫卵をすることもあるが別にしなくてもいい가는돌고기(カヌントルコギ 和名ホソムギツク Pseudopungtungia tenuicorpa)、産卵後メスが産卵塔をつくる어름치(オルムチ 和名ヤガタニゴイ Hemibarbus mylodon)など、なかなか面白い産卵行動をするものたちがいるわけだが、ドジョウカマツカ(Gobiobotia)属なんて日本には未知の世界の魚もいる。
そこで、韓国の魚の産卵行動に詳しそうな方がいないかと思ったところ、以前達人の館に行った際に、順天郷大学の博士と食事を共にしたことを思い出した。
その方は、朴博士。京都議定書に基づく生態環境保全政策の一環として、環境部(日本の環境庁にあたる)と手を組んで韓国の絶滅危惧魚種の養殖と復元をされていた。

さて、御蔭様でその方と連絡をとることに成功。朴博士がオンラインで送ってくださった資料は実に興味深く、おいかわ丸博士の求める資料と完璧に合致していたかどうかは分からない(申し訳ありませぬ)が、わしとしては本当に驚きの連続だった。
そして朴博士いわく、「水槽での産卵を撮ったビデオがあるのだけど、容量が大きすぎてメールで送れないな」
むむう、それは見てみたい。というわけで、挨拶がてら忠南牙山まで映像資料をいただきに行くことにした。

ここのところ忙しかったこともあり、車ではなくて電車&KTXで천안아산(온양온천)(チョナンアサン オニャンオンチョン 天安牙山(温陽温泉))駅へ。長ったらしいがこれが駅の正式名称なのだから仕方ない。ソウル駅ではKTX出発4分前にどうにかこうにかチケットを買って(列が並んでいるところを事情を話して先頭で買わせてもらった)、天安牙山(温陽温泉)駅で朴博士と合流。朴博士の車で大学へ。

大学の写真を撮るのを忘れた。どんな建物があるかは画像検索でもしてくだされ。


朴博士夫婦。ちなみに奥様も大学院卒で経営コンサルタントもされる才女でいらっしゃる。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。