春だ! 師匠と大先輩と先生方と清道ガサガサ だがしかし

2016年になってからもう半年以上が過ぎてしまっているのに、記事が書けずにいて本当に申し訳ない限り。
ネタがないのなら過去記事を整理してアップするとか、新種記載情報を加えて従来記事を更新するとか、いろいろできたはずなのに、それができずにいたのは、言い訳をすればいろいろあるのだけど、ひとえにわが至らなさ故と反省しております。

……本当にいろいろあるのだけど、やっぱりそれは言い訳にしかならないと思うから……。(´・ω・`)

今回アップする記事も今年4月上旬の内容で、それがやはりずいぶん過ぎて書き込む次第。加えてその記事内容の薄さといったら、もう目も当てられぬ状況。本当に申し訳ない。
先に弁明をしておくと、この時体力的には最悪に近いコンディションだったので、本当に余裕がなかったのだ。


事の次第は3月下旬。このブログにもたびたび登場される「大先輩」井上さんから、師匠がカフェ(インターネット上の同好会のようなもの)で会合参加者を募集しているというメッセージをいただいた。日時は4月上旬。場所は慶南청도(チョンド 清道)。清道といえば、대구(テグ 大邱)と말양(ミリャン 密陽)の間。密陽といえば、いつぞやのKTX遠征ガサガサが思い出されるが、その際にどう見てもファイヤー属性なドジョウと出会ったところが実は清道郡に属するところだったりする。

で、その今回行くことになったところというのは、やはりというか낙동강(ナクトンガン 洛東江)の支流である밀양강(ミリャンガン 密陽江)の支流とかそのまた支流とかだったりするのだが、これがまたなかなか不思議な水系なのだ。というのは、
その1: 참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)のNEタイプがいる。참갈겨니のNEタイプは「洛東江水系の主に上流部、および東海岸に注ぐ独立河川水系に生息する」ということになっている(この辺参照)のだが、たいした上流部でもないのにNEタイプが生息する。
その2: 피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)のBタイプ、このブログでいうところのオイカワBlackがいる。
その3: ここには칼납자루(カルラプジャールー 和名コウライボテ Acheilognathus koreensis → Tanakia koreensis)がいる。
とまあ、ほかにもあるらしいけどこんな感じ。系統地理学的には洛東江水系であるにもかかわらず東方独立水系に近いというか、でも東方独立水系とは違うというか、そんな不思議な水系なのだ。

「칼납자루」に関しては、「錦江水系、洛東江水系、蟾津江水系、栄山江水系に生息する」とされていた칼납자루から師匠たちが「洛東江水系の個体群は異なる形態的特徴を持つ」として「낙동납자루(ナクドンナプジャールー 和名なし ラクトウタナゴ? Tanakia latimarginata)」を新種発表したのは記憶に新しい。ところがいざ詳細に分布状況を調べ始めてみたら、洛東江水系の中でも密陽江の支流である今回の集合地点(川)に칼납자루の形態的特徴を持つ個体群がいるということが分かったのだそうな。密陽で採集したボテは確かに낙동납자루だったのにね。こんなこともあるもんですなぁ。

まぁこの知識は当時のわしが持っていたものではなく、現地に来て師匠に教わったものだったりするのだが、ともあれ師匠が呼んでおり、井上さんが呼んでいる。これは行くしかない……と即決していたらもしかしたらすごい成果があったかもしれないけどな。大邱のその先という場所は本当に遠くてな。それと当時のわしには1泊2日とか2泊3日とか余裕をもって遠出をする余裕がなかったのだ。
だから、ちょっと無理をした。

前日(という表現が正しいかどうか…)1時間だけ寝て、すべての支度を整えて、車で出発。現地集合時間は朝8時だったから、KTXは使えない。深夜の高速道路をSAで休み休みし、日の出を見ながら、朝7時ごろ清道に到着。わしが現地一番乗りになってしまった。でもって、やがてやってきた師匠と出会い、先ほど書いたような知識を師匠から教わった。続いて釜山のほうから学校の先生をしているという二人がやってきて、ほぼ8時に釜山からやってきた電車に乗って井上さんが到着。
みんな軽く食事をとってきていたので、さっそく川のほうへと移動した。


それがこんなところ。
師匠によると、ここには先ほど紹介した칼납자루や참갈겨니のNEタイプなどのほか、큰줄납자루(クンジュルラプジャールー 和名オオイチモンジタナゴ Acheilognathus majusculus)や「例のファイヤー属性ドジョウ」얼룩새코미꾸리(オルルクセコミックリ 和名ナクトンガンハナジロドジョウ? シラヒゲドジョウ? Koreocobitis naktongensis)なんかもいるとのこと。これは期待できるか!?

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 洛東江水系

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク