スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洪川江支流夜ガサガサ

以前、洪川江支流ポイント調査というのをやった。その調査を行った川に再度行ってみた。
場所は前回の地図で言うところの真ん中の流れ。E地点の場所をそのまま下に下ろしたあたりの地点だとお考えいただけるとありがたい。長さにして200メートルほどの間をガサガサしてみたが、予想されたとおり浅いところばかりで、深いところを探すのが困難。深いところといってもせいぜいひざ上くらいで、川幅1~2メートル程度の清流が流れるところだった。

20140518021200.jpg
写真だとこんな感じ。
本当はこのポイントではなくて、地図で言うところの一番下の流れに行きたかったのだけど、この場所に至る途中が対向車が来たらバックして下がるしかないような道であり、またそこから道が分かれているはずなのだけどカーナビにも載っていない未舗装道路となるようで、スマートフォンに衛星写真を写し出しながら移動したにも拘らず結局その侵入路を見つけることができず、たどり着く事自体を断念せざるを得なかった。

さて、水深10センチ程度の、夏場なんか水がすっかりなくなってしまうんじゃないかと思われるようなこんな場所でも、意外と魚はいるものだ。

둑중개(ドゥクジュンゲェ 和名キビレカジカ 黄鰭鰍 Cottus koreanus)
둑중개(ドゥクジュンゲェ 和名キビレカジカ 黄鰭鰍 Cottus koreanus)。撮影用水槽で後ずさりする奴ら。水の冷たい清流に住む代表格だな。この「きんどーさん」のようなドヤ顔の瞳と分厚い唇がわしは好き。

버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)
もちろん버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)もいる。こんな場所の定番雑魚だな。

まぁ基本的にこの2種類が採集できた。というかもうこればっかり。참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)すらとれない。

まぁ他にもいたことはいたけどね。

미유기(ミユギ 和名コウライヤナギナマズ Silurus microdorsalis)
미유기(ミユギ 和名コウライヤナギナマズ Silurus microdorsalis)。こいつは2匹見かけて1匹ゲットしたが1匹は網の目をかいくぐられた。渓流は網を隙間なく下ろすのが非常に難しい。

미유기(ミユギ 和名コウライヤナギナマズ Silurus microdorsalis)
미유기の頭部をアップ。頭部よりむしろ背びれにピントを合わせるべきだったか。まさに飾り程度の背びれ。

あとは、미꾸리(ミックリ 和名ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus)を1匹ゲット。この時のDポイントにいた미꾸리の群れのうち、気まぐれな1個体が上流であるここまでたどり着いたのかもしれない。

いずれにせよ、もって行った撮影用水槽が小さくて、魚たちには狭い思いをさせてしまった。今後はそこそこ大きな撮影用水槽をちゃんと用意して行かねば。

둑중개(ドゥクジュンゲェ 和名キビレカジカ 黄鰭鰍 Cottus koreanus)
撮影用水槽に入らない大型個体だと、둑중개はこんな感じ。ちょっと分かりにくいが、尾びれが濃いオレンジ色に染まっている。

둑중개(ドゥクジュンゲェ 和名キビレカジカ 黄鰭鰍 Cottus koreanus)
둑중개の腹びれを確認。和名の由来となった黄地の水玉模様。

なお、둑중개はもともと絶滅危惧種に指定されていたが、こちらに書いたとおり、現在は絶滅危惧種からはずされており、お持ち帰りして飼育する事のできる魚となっている。普段は水棲昆虫を食べて暮らしているから、大きい個体だとエサに慣れさせるのに苦労するだろうけど。

버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)
一方、버들치もこんな感じ。でけぇ。
버들치といえどもこのくらいでかければ、我が家のデルヘッジ様にも御満足いただけるはず。というわけでお持ち帰り。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 洪川江

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして、主に九州北部でなんやかんやしているこぺんたというもです。
さらに柳が日本に入荷と聞いて衝動買いしてしまった不届者です。

以前から楽しく拝見させていただいていました、近いようで遠い、日本と似てるようで似てない魚に魅力を感じてやみません。
いつかは韓国の淡水魚はもちろんダビドナメラもとい蛇も現地にて実際に手にしたいものです!

Re: No title

こぺんた様
コメント有難うございます。

> はじめまして、主に九州北部でなんやかんやしているこぺんたというもです。
> さらに柳が日本に入荷と聞いて衝動買いしてしまった不届者です。

コウライヤナギナマズを最近ゲットされたのですね。大阪ですかそうですか。
40センチくらいは軽く飛びますので水槽に蓋必須ですよー。それと渓流の魚ですので夏場は水温にご注意くださいね。


> 以前から楽しく拝見させていただいていました、近いようで遠い、日本と似てるようで似てない魚に魅力を感じてやみません。
> いつかは韓国の淡水魚はもちろんダビドナメラもとい蛇も現地にて実際に手にしたいものです!

ブログ拝見しました。魚だけではなく生物全般に造詣が深い方ですね。
ダビドナメラについてちょっと調べてみました。中国東北部と北朝鮮の低い山岳地帯に生息、韓国には生息しないと出ていました。自分の良く見るサラサナメラに似ていますが、ちょっと模様が違いますね。

No title

ダビドナメラ Elaphe davidiはギリギリ韓国もかぶると聞いたのですがギリギリ入ってないのですかね、
自分も詳しく調べてみます。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。