スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大群が押し寄せる楊平(ヤンピョン)夜ガサガサ

先日、いつも通り仕事が遅くなったついでに川へ行ってきた。
場所は양평(ヤンピョン 楊平)。仕事場からは道のりにして33キロほどなのだが、途中に車雑誌でカープレビューをするときに良く使われる峠を通るため、行くのにちょっと抵抗のある場所ではある。今年になってからこのときに行ったくらいか。

で、今回行ったところはこんなところ。


この橋、夜はずっとLED照明に照らされて赤やら青やらいろんな色に変わってる。12時過ぎたら省エネのため節電するかと思ったけど全然そんな事はなくずっとつきっぱなしだった。


それはまぁそれとして、最初はこの橋よりも上流側を攻めてみた。
水深せいぜい10センチくらい。深いところでも20センチないようなところに、目視できるのは밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)と꾹저구(ッグクジョグー 和名ウキゴリ Chaenogobius urotaenia)の若魚くらい。


밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)はAタイプのロングフィンではないタイプ。

꾹저구(ッグクジョグー 和名ウキゴリ Chaenogobius urotaenia)
꾹저구(ッグクジョグー 和名ウキゴリ Chaenogobius urotaenia)の若魚。ヨシノボリとそれほど大差ない大きさのときは、体が透き通って見えるな。

両岸を見ると植物がうっそうとしている。やがてその植物が行く道を塞ぐようになってしまう。水はその下をちょろちょろと流れる状況。これは족대(ジョクデェ 大陸式のサデ網)ではやりにくいね。むしろフレームのしっかりしたタモ網のほうが魚がとれたかも。

非常にやりにくい中、それでも草の迷宮に隠れこんでいる魚を捕らえてみると、각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)、떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)、버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)といった魚が網に入った。

각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)
ひとまず각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)。夏だから婚姻色のかけらもないな。

これはこの場所は今ひとつかなぁと思いつつ、橋のある場所から下流に行ってみたときだった。
その下流部は、あるところからそれなりの深さとなり、そこは줄새우(ジュルセウ 和名スジエビ Palaemon paucidens)と민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)がひしめきあっていた。
エサが仕掛けられているわけでもないのに、こんなに줄새우がたむろしているのって、なんか久しぶりに見た。


無理やり撮影してみたけど、なんか꾹저구と각시붕어のほうが目立つな。この辺はこいつらも多かった。


下流にはダムがあるし、민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)と思われる。我が家の肉食魚たちにちょうどよい大きさに育っているのがたくさん。


そしてさらに下流に行くと、そこには피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)の大群がいた。うおーすげー。これ何万匹いるんだろう。何十万、何百万といるかも知れない。去年生まれたと思われる피라미が、網を広げているだけで勝手に二桁のオーダーで入り込んでくる状態。写真を撮りたいくらいだが、さすがに採集中だし、防水コンデジは持ってきてないし、夜なので防水コンデジでは写らないし、撮影できない光景というのは実にもったいないな。

そうこうしているうちに、この川と南漢江との合流点にまで出てしまった。このあたりにもたくさんの피라미がおり、また浅い砂地では모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)や왜매치(ウェーメーチ 和名チョウセンゼゼラ Abbottina springeri → Biwia springeri)といった魚がぼーっとしていた。底砂に泥が混じりだすと、そこにはいろいろな種類のタナゴがいた。先ほど挙げた2種のほか、납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)、줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)まではその場で確認したが、そのほかに、体高が高くて背びれに2条ほどの黒線が入るタナゴがいた。これがなんだか分からなくて数匹お持ち帰りしたが、一緒にお持ち帰りした、我が家の肉食魚のディナーとなる魚たちに数日もしないうちに喰われてしまっていた。なんてこったい。
この場所、機会があればもう一度行ってみたい。ただし夏休みシーズンを過ぎた後で……。


一応このときに採集してた魚たち。


베스(ベス 和名オオクチバス Micropterus salmoides)。ここにも魔の手が伸びていてちょっとがっかり。大きい個体も目視したし。


붕어(ブンオ 鮒魚 和名フナ Carassius auratus)。まぁそりゃいそうな場所ではある。

꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)
꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)。줄새우やら민물검정망둑やらがいるあたりで採集。

줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)
줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)。夏なのでかなり色あせているけど。

20140706042440.jpg
펄조개(ポルジョゲェ 和名ドブガイ Anodonta woodiana)かな?
とても厚みのある貝もゲット。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ガサガサ、やってますね~。
それにしてもこちらのドブ貝とはずいぶん違いますね。色も薄いしズングリムックリで、각시붕어が喜びそうです。

Re: No title

井上様
コメント有難うございます。

> ガサガサ、やってますね~。
> それにしてもこちらのドブ貝とはずいぶん違いますね。色も薄いしズングリムックリで、각시붕어が喜びそうです。

ここ、タナゴがいっぱいいますから、今度来られたときにいかがでしょうか?
非常に気持ちよくできると思いますよ。外道もいっぱいいますけど。
二枚貝の同定については、あまりにもスキル不足ですみません。

暑すぎる夏

お久しぶりです。

ますます調査内容が充実してきて、

素晴らしいですね!

水槽の淡水魚を眺めることが、

こんなにも涼しいなんて。

ガサガサが与えてくれる

一服の清涼感に

感謝いたします。

また立ち寄ります~

はじめまして

はじめましてー通りすがりのものです。
最近、タナゴとドブ貝の飼育に興味が湧いてきたところ、ネットで情報を調べる途中でした。私はソウル住まいの韓国人ですが、ちゃんぽんさんがあまりにも日本語を完璧に駆使するので、韓国人ならそりゃ大したことだし、日本人にしろ外国で直接淡水魚の調査をするなりブログを更新しているところがとても興味深く感じました。
これからお世話になりたいと思うので宜しくお願いしますね。☺

No title

> 場所は양평(ヤンピョン 楊平)。仕事場からは道のりにして33キロほどなのだが、途中に車雑誌でカープレビューを> するときに良く使われる峠を通るため、行くのにちょっと抵抗のある場所

ですと・・・・、R37号線で설락면を過ぎ、마유산로峠を越えて、동촌삼거리でR101に乗り換えて・・・、사탄천でしょうか。덕평천でしょうか。
こちらなら鉄道中央線で아신역か오반역で降りれば近いですよね。
それにしても각시붕어,줄납자루など多そうで良さげな川でございます。

Re: 暑すぎる夏

韓鮒次郎様
コメント有難うございます。お久しぶりですね。

川の流れるところは、平地でも他の場所と違って温度が低かったり高かったりしますね。
特に夏場ですと、堤防を降りるだけでも涼しさを実感することがあります。
夏は川辺で魚をとり、焼き肉やメウンタンのパーティーをする韓国の民俗文化は、これはこれでひとつの納涼方法であることを感じます。

箱根に韓国家庭料理の店があるのですね。
検索して、チヂミとかいろいろ写真を拝見しました。


Re: はじめまして

バカ殿様
コメント有難うございます。

> はじめましてー通りすがりのものです。
> 最近、タナゴとドブ貝の飼育に興味が湧いてきたところ、ネットで情報を調べる途中でした。私はソウル住まいの韓国人ですが、ちゃんぽんさんがあまりにも日本語を完璧に駆使するので、韓国人ならそりゃ大したことだし、日本人にしろ外国で直接淡水魚の調査をするなりブログを更新しているところがとても興味深く感じました。
> これからお世話になりたいと思うので宜しくお願いしますね。☺

自分は韓国在住の日本人です。妻は韓国人です。
大変流暢な日本語を使われますね。自分もハングルでコメント返信を書こうと思いましたが、韓国語は独学なため恥ずかしくなってしまいました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

Re: No title

井上様
またコメント有難うございます。

> > 場所は양평(ヤンピョン 楊平)。仕事場からは道のりにして33キロほどなのだが、途中に車雑誌でカープレビューを> するときに良く使われる峠を通るため、行くのにちょっと抵抗のある場所
>
> ですと・・・・、R37号線で설락면を過ぎ、마유산로峠を越えて、동촌삼거리でR101に乗り換えて・・・、사탄천でしょうか。덕평천でしょうか。
> こちらなら鉄道中央線で아신역か오반역で降りれば近いですよね。
> それにしても각시붕어,줄납자루など多そうで良さげな川でございます。

その川でしたら、こちらの記事になります。
http://jkjjamppong.blog134.fc2.com/blog-entry-119.html
今回の川は、そことは違う川であります。
自分のほうもお願いがありますので、のちほど個人的にメール差し上げますね。

アキミツ様

こちらこそお久しぶりです~

>川の流れるところは、平地でも他の場所と違って温度が低かったり高かったりしますね。
>特に夏場ですと、堤防を降りるだけでも涼しさを実感することがあります。
>夏は川辺で魚をとり、焼き肉やメウンタンのパーティーをする韓国の民俗文化は、これはこれでひとつの納涼方>法であることを感じます。

ですよね・・・♪
日本も韓国もこの猛暑はもう水辺遊びに限りますよ。

>箱根に韓国家庭料理の店があるのですね。
>検索して、チヂミとかいろいろ写真を拝見しました。

とってもステキなお店でした。

韓国のお店にいくなんて、
なかなかないことですが、
とても不思議で、落ち着く空間でしたよ。

料理がとにかく品がありました。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。