ソウル漢江にトゲタナゴが!

가시납지리(ガシナプジーリー 和名チョウセントゲタナゴ コウガイタナゴ Acanthorhodeus gracilis → Acheilognathus chankaensis)というタナゴがいる。
この魚、わしとしてはなかなか出会えない魚で、結局自力では生息地にあたりつかず、達人조先生や師匠のお力を借りてようやく出会えた魚だ。
その魚が、ソウル漢江で「釣れている」という動画に、昨年11月出会った。ちなみにこちら。なんと、韓国人がタナゴ釣りをしてる。タナゴ釣り用の仕掛けではないようだが、釣れているのはタナゴだ。しかも釣れているのは가시납지리だ。

うおおお、これは行ってみるしかない!と思っていたところ、季節はあっという間に冬に突入。そしてそうこうしているうちに季節は春へ。というわけで、仕事が遅くなった帰りにちょっとソウルまで行ってきた。
ちなみに場所は서래섬(ソーレーソム ソレ島)というところ。中国では瑞来島と書いているようだけど「서래」ってどういう意味かな?
ソウル漢江には、釣り禁止区域と許可区域がある。その中でも、서래섬付近は釣りが許可されている。そのすぐ上流やすぐ下流は禁止区域に指定されているけどな。だからガサガサをやっても多分大丈夫。ということで大手を振って行って来た。

残念なことに、島は2015年6月まで工事中とのことで、橋はすべて通行止めになっており、島に上陸することは叶わなかった。だが、島に面した漢江の岸でガサガサをやってみることができた。 成果は今ひとつだったが、まぁそこそこ楽しめた。

島の下流側から上流側を撮影。この場所から下流はもう釣り禁止区域。


岸に下りてみてびっくり。

うわぁ、갯지렁이(ゲェッジロンイ ゴカイ)がいっぱい。しかもライトの方向に泳いでくるよ。きめぇ。

岸は石でいっぱい。しかも大水が来ても動かないような石ばっかりなので、石を持ち上げてその隙間にいる魚をとるというのが難しい。しかも川に入ればすぐ泥底。足が埋まって歩きにくい。こういうところはやはり釣りのほうが便利だな。

川岸を歩いてみると、いろいろ魚の死体が打ち上げられている。それを見ると、この場所は떡붕어(ットクブンオ 和名ヘラブナ Carassius cuvieri)やクルターが多いようだ。

そんな中で、タナゴの死体を発見。いや、実際には死んでない。くたばりぞこないというやつだ。
가시납지리(ガシナプジーリー 和名チョウセントゲタナゴ コウガイタナゴ Acanthorhodeus gracilis → Acheilognathus chankaensis)
なーんと、가시납지리(ガシナプジーリー 和名チョウセントゲタナゴ コウガイタナゴ Acanthorhodeus gracilis → Acheilognathus chankaensis)。しかも婚姻色が出たオス。
なんというメタリック。青と紫のメタリックは、夜の납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)のような感じもあるけれど、明らかに背びれと尻びれが違うし、こいつにはヒゲがない。この尻びれの白いラインも見事だなぁ。
なるほど、この場所には確かに가시납지리がいるのだな。でもこいつのことだから、夜は岸近くには来ず、岸から離れた場所の、ちょっとしたくぼみにいるのだろう。以前、가시납지리と납자루がいる夜の川に入って観察したことがあるが、岸近くにいるのはみんな납자루だった。

岸から離れたところ、というか、漢江の岸と島との間(幅20メートルもないのだけど)の真ん中くらいまで行きたいところだったけれど、底が泥底だしそれなりに深さも増していくので、我が装備では가시납지리の眠る領域までたどり着けないと結局断念。

とりあえずとれたものたちをアップしてみる。


갈문망둑(カルムンマンドゥク 褐紋망둑 和名ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus)かな?良く分からん。


검정망둑(コムジョンマンドゥク 和名チチブ Tridentiger obscurus)かな?これもヌマチチブと区別するのが難しい。


참게(チャムゲ 和名チュウゴクモクズガニ Eriocheir sinensis)のちっちゃいやつ。


いわゆる징거미새우(ジンゴミセウ テナガエビ)だな。韓国には何種類かのテナガエビがいるそうだけど。


そんな中で、なんか白い透明なのキター(゚∀゚)


いわゆるシロウオという奴ですな。あれ?違う違う。シロウオじゃなくてシラウオですな。
別名春告魚。
韓国のシラウオには、국수뱅어(グクスベンオ 국수白魚 和名アリアケシラウオ Salanx ariakensis)、도화뱅어(トーファベンオ 桃花白魚 和名アカシラウオ Neosalanx andersoni)、뱅어(ベンオ 白魚 和名シラウオ 白魚 Salangichthys microdon)、벚꽃뱅어(ボッコッベンオ 벚꽃(桜)白魚 和名サクラシラウオ Hemisalanx prognathus)、붕퉁뱅어(ブントゥンベンオ 붕퉁白魚 和名チョウセンシラウオ Protosalanx chinensis)、실뱅어(シルベンオ 실(糸)白魚 和名ヒメシラウオ Neosalanx hubbsi)、젓뱅어(ジョッベンオ 젓白魚 和名ヒナシラウオ Neosalanx jordani)と、7種類くらいシラウオがいるようだけど、今のわしにはこれらを区別するのは不可能だな。とりあえず、採集できた個体はすべて上から見て口がとがっておらず、丸いカーブを描いていた。


でもってお持ち帰りしてみたけれど、一日とたたずすべて★になって白くなってしまった。
まぁ予想はしていたけど、透明な状態で写真を撮ってみたかったな。

さて、서래섬に面する漢江の岸を下から上までずっと歩いてみたところ、漢江の岸のほうにはコンクリートの壁になったところはなかったので、上に紹介した動画は島のほうから撮ったもののようだ。工事が終わった後でもう一度来てみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

オーッ、가시납지리~!それも婚姻色ギラギラのオス。棲んでるんですねぇ、あれほど(韓国南部地方を)探し回ったチョウセントゲタナゴ がソウルど真ん中の漢江に。でも、ガサガサやりにくい場所でしょ、お疲れ様です。
私が先月末に釣行した時も工事中で島には渡れませんでしたが、 陸地側から長い竿でハヤの様な(クルターかな?)細長いのを沢山釣ってる아저씨が居ましたよ。
確かにVTRで見るようなコンクリートの岸はこちら側には無かったですね。これは婚姻色の消える前に(長い竿を担いで)瑞来島に渡らにゃいけませんぞ。
ところで、「서래섬 공사중 공사기관는」でDaum検索したんですが工事完了日が出て来ません。(-◎_◎<|壁

Re: No title

井上様
コメント有難うございます。

この場所でのガサガサはきわめて難しいですね。干潮時を狙ったとしても、恐らくは足が膝まで埋まって身動きが取れなくなるだけのような気がします。

なお、工事完了は6月30日までとの事でした。ある意味がっかりです。

No title

アキミツ様、こんにちは。
ソウル最大マンション団地の直ぐ前だからか、3月でも水質はチョッと~・・・でしたが、工事の終わる夏ともなるとどうなんでしょうね。それにジョギング아저씨&아주마達、お散歩愛犬家、サイクリング銀輪部隊も半端な数では有りませんでしたので、一人静かに山水草木に溶け込んでってな訳には行きませんですなぁ。「ソウル市内で가시납지리!」は確かに魅力的なキャッチフレーズではありますが・・・・、漢江は繋がってるんですから清平の方にも来てくれれば有り難いのにね、가시납지리君。
今月30日から3泊4日で台北釣行です。アヤヨシ様から詳しい案内を頂きましたのでタイワンタナゴに出会えそうです。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク