2011夏のガサガサその2 京畿道驪州市

その1 京畿道始興市」に続いて行ったのは、京畿道驪州郡驪州邑(キョンギド ヨジュグン ヨジュウプ)に流れる금당천(クムダンチョン 金塘川)という川。「南漢江中流域支流ガサガサ」で行った所だ。ルートとしては、영동(ヨンドン 嶺東)高速道路(50番)を東に向かうかたちとなる。

ここでの目標魚種といえば、前回で「なんでこいつが!?」の점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)でありますよ。なにしろ前回真っ先においかわ丸さんがコメントを下さったくらいだからな。今回はその御本人が同行されているのだから、ここでこれがとれなかったらどうしようとドキドキしつつ現場到着。それからここは漢江中流域の魚を見ていただくのにも良いかと思って、その他の魚にも期待したのだが。

20110725144157.jpg
え?なぜ「だが」だって?
何はともあれ、ガサガサ開始。^^;;;;

 
20110725144435.jpg
それが成果がいまひとつぱっとしない。ここでも참붕어(チャムブンオ 和名モツゴ Pseudorasbora parva)が出てくる。でも참붕어かと思ってよく見たら줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)だったりする事もあるから侮れない。

20110725145035.jpg
この写真は눈동자개(ヌンドンジャゲェ 和名クロギギ Pseudobagrus koreanus)に밀어(ミルオ 和名トウヨシノボリ Rhinogobius brunneus)。눈동자개は割とよくとれたが、網に引っかかるとやっかいなので、できる限りさっさとさよならしたいところ。
他には누치(ヌーチー 和名コウライニゴイ Hemibarbus labeo)、피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)、모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)とか쉬리(シュイリ 和名ヤガタムギツク シュリ Coreoleuciscus splendidus)なんかが網にかかるがみんな稚魚ばかり。せっかく日本からカマツカ王のTommyさんがお越しなんだから、立派なカマツカが出てきて欲しいのになぁ。

점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)
そうこうしているうちにようやく、今回のメインターゲットである점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)をゲット。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!と叫んでみたら、おいかわ丸さん「はい、私のところでもとれていますよ」ありゃりゃ~

20110725153245.jpg
他には、버들치(ボドゥルチ 和名コウライタカハヤ Rhynchocypris oxycephalus)とか얼룩동사리(オルルクドンサリ 和名セマダラドンコ Odontobutis interrupta)とか。
そうそう、얼룩동사리といえば、こんな個体がとれた。
얼룩동사리(オルルクドンサリ 和名セマダラドンコ Odontobutis interrupta)
うはーかっちょいいー。얼룩동사리はたくさん見てきたし、凶悪な面構えでダークフォースを漂わせている奴とかものすごいでかい奴とかに出会ってきたけど、小ぶりながらここまでダークフォース全開の얼룩동사리は初めてだぜ。

20110725161446.jpg
そして今回わしが個人的にびっくりしたのがこれ。참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)なんだけど、わしの目から見て明らかに模様が他の참종개とは違う。これはもしかして참종개と점줄종개との交雑種では?
と現場では思ったのだけど、この写真を師匠に見せたら、「こういう異変種はときどき出るよ」とあっさり一蹴。ちぇっ。

참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)
ちなみにオーソドックスな참종개の模様は今回とれたのだとこんな感じ。
上との見た目の違いは、ごにょごにょとなっている模様の一番上の部分がシマドジョウの帯のように連続して見える事と、やはりごにょごにょとなっている模様の一番下の部分が、下向きサインカーブと次の下向きサインカーブとの間に上の写真の個体ではもうひとつ下向きが入っているように見えること。

점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)
점줄종개(ジョムジュルジョンゲェ 和名不明 Luther spine loach = ルーサーシマドジョウ? Cobitis lutheri)も忘れずに貼っておかねば。おいかわ丸さん、점줄종개のオスでスジシマ模様になった見事な個体をゲットしたものの、採集用水槽に入れる際に逃げられてしまったとのこと。スジシマ模様のはわしもお目にかかりたかったな。

줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)
あと、忘れずに줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)。


あれー?
前回돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)とれてるよね?
大きな모래무지もとれてるよね?
大きな쉬리(シュイリ 和名ヤガタムギツク シュリ Coreoleuciscus splendidus)もとれてるよね?
줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)もいたよね?

何やってんのー?


もう声が頭の中に響いているわし。
ちょっと時間があるので、同じ川のちょっと上流に行ってみた。もうちょい他の魚種がとれるかと思って。

20110725171313.jpg
場所はこんなところ。堰の下をあたってみた。

가물치(カームルチー 和名カムルチー 雷魚 Channa argus)
この場所ではTommyさん、족대(ジョクデェ 大陸式のサデ網)ではなくご自身愛用のタモ網1号2号の二刀流でガサガサしていたところ、いきなりそのタモ網にずぼっと가물치(カームルチー 和名カムルチー 雷魚 Channa argus)が飛び込んできたという。日本では外来種だけど、ここでは在来種な。
いい大きさですなぁ。これは매운탕(メウンタン)4人前のいい食材になりそうだ。でもリリースしちゃった。

밀어(ミルオ 和名トウヨシノボリ Rhinogobius brunneus)
しかしここの早瀬でがんばってみても、とれるのは밀어(ミルオ 和名トウヨシノボリ Rhinogobius brunneus)ばかり。

가물치(カームルチー 和名カムルチー 雷魚 Channa argus)
仕方ないから堰の下の止水域に網を入れたら、わしにもとれちゃった가물치(カームルチー 和名カムルチー 雷魚 Channa argus)。ギンギラギンでTommyさんがとったものとは明らかに別個体。
これもリリースしちゃったけど、あとで우리 집사람にこのことを話したら、「持ってくればよかったのに」だって。確かに2匹でメウンタン8人前になってただろうしなぁ。

20110725181002.jpg
岸辺でバッタを発見。カマドウマかな?と思ったら、昆虫にもすこぶる強いおいかわ丸さん、「いや、これはヒメギスの幼虫ですね」と、そのバッタをひょいと掴む。そしたら……

20110725181028.jpg
うわあああああお尻のほうからなんかニュルニュルしたものがでてきたよ。^^;;;;
しかも2体いるよ。どうやって腹の中に納まっていたんだろう。岸辺にいることからしてこの可能性を考えておくべきだったよ。ある意味衝撃画像なのでサイズを小さくしておいた。ハリガネムシをご覧になりたい方はクリックしてどうぞ。

というわけでこの場所からは目的の魚はゲットできなかった。収獲なしと言ってしまったらさっきの가물치があるので一応収獲は予想外の大物という事で。

각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)
あとTommyさんが각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)を数匹ゲットしていた。すごく小さな個体ばかりだったけど。この写真はTommyさん提供。


かくして撤収。
南漢江沿いの国道を走って、暗くなる前に양수리(ヤンスリ 両水里)の팔당호(パルダンホ 八堂湖:南漢江と北漢江との合流地点)を通過し、팔당대교(パルダンデーギョ 八堂大橋)を渡ってソウルへ……至ったところで雨に降られた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

アキミツさま

昨日、千葉県のカマツカのことで初めてTommyさんにメールをさせていただきました。
TommyさんがG3としているカマツカらしきものが採れたので、確認してもらおうと思ったからなのですが、
すごく丁寧な解説をいただき、それが純系のG3かそれに近いものだとわかり、とても嬉しかったです。
G3は神戸にいた小さい頃に慣れ親しんだカマツカと違う姿でびっくりしますね。(mixiに写真あり)
アキミツさんも千葉でカマツカを捕まえたことがありますか?

それと、そちらで私の名前がでたとか。お恥ずかしい限りです。
アキミツさんの採集紀を見ていて私も負けられないな、なんて奮起しました(笑)



Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。

> アキミツさんも千葉でカマツカを捕まえたことがありますか?

日本では釣りを少々やっておりましたが、残念ながら私の腕ではカマツカはかかりませんでした。


> それと、そちらで私の名前がでたとか。お恥ずかしい限りです。
> アキミツさんの採集紀を見ていて私も負けられないな、なんて奮起しました(笑)

ええ、おいかわ丸様が以前外国の魚について尋ねた際に、とても熱く語られたという事で話題になりました。
結論は「アジアのよく分からぬコイ科の魚はらいあます様に聞け!」ということになりましたよ。^^;;
次の採集ポイントでのレポートは、らいあます様に喜んでいただけると思う内容がありますので、ぜひ読んでやってくださいませ。

No title

アキミツさま

>おいかわ丸様が以前外国の魚について尋ねた際に、とても熱く語られたという事で話題になりました。
結論は「アジアのよく分からぬコイ科の魚はらいあます様に聞け!」ということになりましたよ。^^;;

これこそまさにお恥ずかしい.
日本人に馴染みのないCirrhinusというラベオの仲間だったので,お役に立てればと思い書き込んだ次第です.

次の採集ポイントでのレポート,何が採れたんでしょうか??? 
すごく楽しみです!

Re: No title

らいあます様

> 次の採集ポイントでのレポート,何が採れたんでしょうか??? 
> すごく楽しみです!

あ、すみません。次の次でした。
多分次のも喜んでいただけると思いますが……。

No title

アキミツさん,こんばんは.コメントが遅くてすみません.しばらくネットが自由に使えない環境にいました….

この場所は魚種が多様でとても楽しかったです.カマツカもたくさんいましたし.実は密かに,この地点で最も感激したのはシマモロコだったりします.
網に入ったものを上から覗くと「あ,タモロコだ」と思ってしまうのですが,横にした瞬間,あのびしっと入った黒線は鮮烈でした.基本的に,
黒い線が入った細長い魚は好きです.Cobitis lutheriやIksookimia koreensisもとてもかっこよかったです.日本の魚とよく似ているけれど,
何か違う…この感覚が好奇心をくすぐりました.

ライアマスさん,メールありがとうございました.魚の話題,特にカマツカのことで連絡をいただけるのはとてもうれしいです.
今後ともよろしくお願いいたします.

Re: No title

Tommy様
コメント有難うございます。

> この場所は魚種が多様でとても楽しかったです.カマツカもたくさんいましたし.実は密かに,この地点で最も感激したのはシマモロコだったりします.
> 網に入ったものを上から覗くと「あ,タモロコだ」と思ってしまうのですが,横にした瞬間,あのびしっと入った黒線は鮮烈でした.

なんと、シマモロコに目をつけられていましたか。
これの大きな個体をお持ち帰りしてしばらく飼育していたのですが、ちょっと劣悪な飼育下にいたせいか、黒線がすっかり抜けてしまいまして、「なんでうちの水槽に日本のタモロコが?」なんて思ったことがあります。でも良い環境にしてあげると黒線が戻ってくるのです。

それにしても、Tommy様の二刀流はすごかったです。長身ならではの技だと思いました。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク