スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウセンイチモンジタナゴ天国

今回も例によって仕事が遅くなった帰りに川へ行ってきた。
行った場所は、홍천강(ホンチョンガン 洪川江)の支流、홍천강との合流地点付近だ。
旧日韓ちゃんぽんからご覧になっている方は、홍천강の優占種が줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)だと書いた事を覚えていらっしゃるかもしれない。今回は、ひたすらそれを実感するガサガサとなった。

20110827010613.jpg
ちなみに、遠くに見える高い橋は高速道路な。

橋の上から護岸された斜面を降りて川岸までたどり着くと、深さ数センチしかないところで稚魚が群れている。こういうところにいる稚魚は大抵피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)なのだが、真上から見て明らかに光沢のにぶい피라미らしからぬ魚がいる。それもわずかにまぎれているという程度ではなく、相当数見受けられる。

20110826232317.jpg
すくってみたらこの通り、体長3センチ程度まで成長した줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)だった。夏ゆえ体色がはっきり現れていない上にフラッシュが光りすぎてうまく特徴が現れていないが、こんなのが相当数見受けられる。

期待をこめて川の中に足を入れてみた。
 



 
20110826232839.jpg
もう少々岸の近くをガサガサしてみる。どうやら각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)も混じっているようだ。右側真ん中の魚が각시붕어。背びれの後ろから始まる青いラインと、それにつながる尾びれ中央のオレンジ色が特徴。

20110826233429.jpg
岸付近から川の中へ。底は基本的に砂底。돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)や참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)など、漢江水系ならどこにでもいる魚はやはりここにもいる。

줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)
片方の岸は金網で護岸されていて、その金網の下の石を줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)の成魚が寝床にしている。もう片方の岸は後ほど説明する。

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
やはり砂地なので모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)が出てこないわけがない。こいつらは基本的に砂の中に体をうずめている。

돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
そしてまた、砂地にいるのだが体を砂の中に決してうずめない奴等がこれ。돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)と同定する。非常によく似た仲間で왜매치(ウェーメーチ 和名チョウセンゼゼラ Abbottina springeri → Biwia springeri)というのがいるが、こいつは各ひれにゴマのような点々がいっぱい見受けられるはずなのだ。

20110826235749.jpg
んでもって、ちょっと流れのあるところの石の裏をガサガサしたら、うひょー。一網でこんなにとれちゃった。おそらく全部줄납자루。ここは本当にチョウセンイチモンジタナゴ天国だな。

それでもって、今回の個人的大ヒットはこれ。

참가재(チャムガジェ 和名チョウセンザリガニ Cambaroides similis)
うひょーこんなところで가재(ガジェ ザリガニ)キター(V)o∧o(V)
참가재(チャムガジェ 和名チョウセンザリガニ Cambaroides similis)でありますよ。思わず叫んでしまったよ。
山から湧き出る清水の、田畑よりも上にしか住んでいないような君がなんでまたこんな「もうちょっとで湖」なところにいるかね。大雨で流されて、ふるさとへ帰ろうとしている途中だったんかい。
とにかくかぁいい~♪お持ちかえりぃ~♪★

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
さらに홍천강に本当に近い場所では網を入れるたびに모래무지が入るポイントがあったり。

각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ カラバラタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)
さて、反対側の岸はドーナツ型のコンクリートブロックが適当に積み重ねられていて、水没したコンクリートブロックのドーナツ部分の真ん中がくぼんで魚たちの住処になっていたり、中途半端に水没したコンクリートブロックの下(やはり砂地なので魚たちには簡単に掘れる)が魚たちの住処になっていたりする。そういうところでは、割と成熟したタナゴや大型魚種の未成魚が見受けられた。この각시붕어もその1匹。

줄납자루(ジュルラプジャールー 和名チョウセンイチモンジタナゴ Acheilognathus yamatsutae)
こんな季節でも青いラインが出ている줄납자루。立派な成魚だ。

꾹저구(ッグクジョグー 和名ウキゴリ Chaenogobius urotaenia)
꾹저구(ッグクジョグー 和名ウキゴリ Chaenogobius urotaenia)なんてのもいる。ウキゴリといえば回遊魚だがこのへんの꾹저구は海には下れない。下流の湖を海代わりに回遊していると思われる。

붕어(ブンオ 鮒魚 和名フナ Carassius auratus)
やはりというか붕어(ブンオ 鮒魚 和名フナ Carassius auratus)の未成魚もいる。
他に꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)、누치(ヌーチー 和名コウライニゴイ Hemibarbus labeo)、메기(メギ 和名ナマズ Silurus asotus)、밀어(ミルオ 和名トウヨシノボリ Rhinogobius brunneus)、참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)といった魚種を確認。

줄새우(ジュルセウ 和名スジエビ Palaemon paucidens)
참가재のほかに甲殻類は줄새우(ジュルセウ 和名スジエビ Palaemon paucidens)を確認。

なお、참가재を家にお持ち帰りした翌日、ふと見たら部屋のドアの前にほこりまみれになったクワガタのようなものを発見、見たらお持ち帰りした참가재だった。^^;;
水のないところを3メートル以上も歩いてやってきたってかい。やれやれ。まだ生きていたからほこりを取ってきれいにして水槽の中へ戻してやったのだが、水位と水槽の高低差からして逃げられるはずののないこいつがどうやって水槽から脱出したかを考察してみた。その結果、エアレーションのチューブをえっちらおっちらよじ登って脱出した以外に有り得なかった。エビにもカニにもできない芸当をあっさりやり遂げるとは、なんという奴だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

うほーッ、8枚目の写真はまるで養殖場の様です。
わたくし未だにチョウセンイチモンジを釣ったこと無いんですが、洪川江なら何んとか成るかしら・・・
そして、できれば貴方との初対面は婚姻色の春が好いですなぁ。
ドーナツ型コンクリートブロックのポイント狙いですね。感謝ハムニダ。

Re: No title

井上様
コメント有難うございます。

> そして、できれば貴方との初対面は婚姻色の春が好いですなぁ。

そういえば、晩秋の문호천ではチョウセンイチモンジタナゴたちがいる場所があまりにも浅すぎて釣りにならなかったのでしたね。

> ドーナツ型コンクリートブロックのポイント狙いですね。感謝ハムニダ。

今度来韓される際には、ご案内致しましょう。
足場は今ひとつ良くありませんが、ここでしたら釣りができるのではないかと思います。
宿願の가시납지리とか、オオイチモンジとの再会とか、井上様とのお約束はまだ残っておりますが、最近お忙しい御様子。時間をいただいた分、いろいろな場所を回って下調べをしておこうと思います。

No title

ご無沙汰しております。
イチモンジ天国発見ですね。
日本産のイチモンジは、結構きれいな水のところにいるような気がします。
河川の湧き水が多かったりとか、上流域だったりとか。だからチョウセンザリガニもいるんかなと勝手に納得です。

Re: No title

アヤヨシ様
コメント有難うございます。返信が遅れまして申し訳ございません。

> 日本産のイチモンジは、結構きれいな水のところにいるような気がします。
> 河川の湧き水が多かったりとか、上流域だったりとか。だからチョウセンザリガニもいるんかなと勝手に納得です。

チョウセンイチモンジタナゴは、水の流れのあるところに生息しています。
ゴロゴロした石の下を寝床とし、ヤリタナゴよりも強い水流を好む、といえば、日本のタビラ類に近いとご理解いただけるかもしれません。
チョウセンザリガニはというと、そうですね……サンショウウオが住んでいるような、川幅1メートルもない渓流域に生息している、と思っていただければよいかと思いますです。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。