スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと美原川の様子を見に夜ガサガサ

最近は朝早く起きなければならない日が続いていて、そのため夜を今までより早く寝なければならなくなっている。今回、仕事が遅くなった際に、どうしようか家に帰って早く寝なければならないのだけど川にも寄りたいし……と悩んでいたりしたのだけど、わしの運転する車はどういうわけか川に向かっていて、それじゃ様子見程度にプチガサガサをするかと思い直すことにした。

行き着いた川は미원천(ミウォンチョン 美原川)。場所は井上さんが夢にまで見てしまった思い出の場所。
20091011154755a.jpg
この写真のときから2年。石積みの簡単な堰はコンクリートの堰に変わってしまったりしたけれど、おおむねこの通りの風景。ただ今回は夜間なので風景の写真が撮れていない。
「神のタナゴ」たちは、今どうしているだろうか。
 
 
川に入ってみて驚いた事、それは優占種が変わってしまったのではないかと思うくらいに돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)だらけになっていた事だった。
돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)
これがやたら多くて、他の魚の生息が心配になるくらいだった。

꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)
わずかに川床に沈んでいる石を持ち上げてみれば、꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)が飛び出す。でも個体数は多くないみたい。
それよりもだな、「神のタナゴ」はどうしたのだ。数が少なくなってしまったのか?

묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)
いた!묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)。この写真はオスの個体だ。堰の工事をしていたときは、一時はどうなる事かと思ったが、いなくなったわけではなさそうで安心した。

묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)
そして、多くはないが次々網に入ってくる「神のタナゴ」。これはメス。
このタナゴはアブラボテや칼납자루(カルラプジャールー 和名コウライポテ Acheilognathus koreensis → Tanakia koreensis)と同様、通常は黒緑色の体色をしており、真冬はいぶし銀のような色になるものの、色が薄くなっても緑色は大体残っているようなものなのだが、とれる個体にだんだんと変化が現れてきた。

묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)
なんと、紫色に輝く묵납자루。この個体はメス。

묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)
うおお、これなんかすげー紫色に輝いてるよ。これはオス。
この묵납자루、本来は玄人好みの、それはそれは渋い黒緑色の体色が魅力だ。日本でこの魚種のアルビノがつくられた、という話もあるが、韓国の名産の一つでもある紫水晶のような光沢を持つ紫色で体色が固定されたものたちが出てきたとしたら、それはそれで美しいかもしれない。

묵납자루(ムンナプジャールー 和名チョウセンボテ Acheilognathus signifer → Tanakia signifer)
この個体はメス。
師匠によると、寝ているときなんかは活動しているときに比べて体色がかなり変化することがあり、環境によっては紫色の光沢が出る事もあるそうな。となると、紫色に輝いていた個体も、日中とくに午後は活発に泳ぎ回っていて、その際の体色は渋い黒緑色になっているということか。

참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)
ほかの魚種としては、참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)。本来こいつが一番多かったはずだが、先も書いたとおりやたら돌고기が目立った。

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
この場所は砂地でもあり、砂地といえば当然出てくる모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)さん。묵납자루が卵を産み付ける二枚貝が幼い時にはこいつのお世話になっているだろうことを思うと胸が熱くなる。

붕어(ブンオ 鮒魚 和名フナ Carassius auratus)
いなくなって欲しいと思っていたがやっぱり生き延びている붕어(ブンオ 鮒魚 和名フナ Carassius auratus)。

참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)
そして붕어よりもトリッキーに逃げ回っていて、最後の最後でようやく網に入った참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)。

1時間程度のガサガサだったが、묵납자루に思いの他出会えてとても良かった。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 묵납자루

コメント

非公開コメント

No title

オーッ、美原川の묵납자루~!イブニングドレス姿も艶やかな묵납자루~!私の묵납자루~!
5枚とも完全無傷で、ナイスショットでございます。
この春に伺った時は工事の真っ最中でしたが、美原川엄소리村付近の河川工事は終わりましたか。
雪岳観光ホテルの汗蒸幕サウナにもボチボチ入りたいですし・・・・、

No title

アキミツ様

ご無沙汰しております.らいあますです.
9月の末頃から先週まで,タナゴの本を作っていまして,なかなかアキミツさんのHPへの閲覧,書き込みができませんでした.
タナゴの本はやっと私の手元から離れ,後は出版社内での作業になり,やっと一息つけたところです.
発売日は12月を予定しております.また,お送りさせていただきますね.

冒頭の写真,すごくいいですね.絵になる1枚って感じですね.

Re: No title

井上様
コメント有難うございます。

> オーッ、美原川の묵납자루~!イブニングドレス姿も艶やかな묵납자루~!私の묵납자루~!
> 5枚とも完全無傷で、ナイスショットでございます。

そうですぞ。井上様の묵납자루でございますぞ。
睡眠時の体色変化をイブニングドレスと呼んだのは井上様が初めてではないでしょうか。


> この春に伺った時は工事の真っ最中でしたが、美原川엄소리村付近の河川工事は終わりましたか。
> 雪岳観光ホテルの汗蒸幕サウナにもボチボチ入りたいですし・・・・、

河川工事はだいたい終わりました。
7月末と8月頭の殺人的な大雨のあと、本格的な雨が全然降っていない関係で、川の水位が下がり、魚はより深い場所へ集中している感じです。もっとも、美原川の深さなんてたかが知れていますが。

Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。

> 9月の末頃から先週まで,タナゴの本を作っていまして,なかなかアキミツさんのHPへの閲覧,書き込みができませんでした.
> タナゴの本はやっと私の手元から離れ,後は出版社内での作業になり,やっと一息つけたところです.
> 発売日は12月を予定しております.また,お送りさせていただきますね.

タナゴの本ですか!ぜひ拝見したいです。
らいあます様の文はスマートにして実に切れ味が良いので、とても楽しみです。
mixiのほうでもあまり活動されていらっしゃらないようでしたので、相当お忙しいのかなと思っておりました。


> 冒頭の写真,すごくいいですね.絵になる1枚って感じですね.

この写真の風景のごとく自分がタナゴを釣っている姿を夢に見た、と井上様は仰ってくださったのですよ。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。