줄종개(ジュルジョンゲェ Cobitis tetralineata)

今回は줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)について。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

概要
大きさは約10cm。体は細長くて横に若干平たい。側線は不完全で胸びれの基底を越えない。尾びれの後端はほとんど直線。雄の胸びれ基部の骨質盤は円形。体側には2筋の茶色縦列紋があって、その間に薄い不連続的な線がある。背びれと尾びれには暗褐色縞が2~3個あり、尾びれ基点の上側には1個の黒色斑点がある。河川中流の流速が緩やかできれいな河川の砂底で生息し、卵を産む時期は6月と推定されるが生活史はまだ明らかになっていない。韓国内では蟾津江にだけ棲息している。 日本にも分布する。

……と「韓半島生物資源ポータル(政府機関)」に書いてある。翻訳はわし。2010年12月にアップされた概要だけど、日本にも分布するって本当かなぁ?

この줄종개に出会ったのは、2009年に久しぶりに師匠と一緒にガサガサしに回って、初めて行った蟾津江の本流で網にかかったのが最初。そのとき撮った写真がここにある2枚の写真。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

このときは正直言うと、このドジョウよりも왕종개(ワンジョンゲェ 王條鰍 和名ナガシマドジョウ Iksookimia longicorpa)のほうにエキサイトしててねぇ……。なんだスジシマじゃん。韓国にもいるもんだなぁ。でもとてもきれいな個体だなぁ……と思った。

そのあと、韓国のCobitisについて多少の知識がついたときに、줄종개という魚種は蟾津江の水系にしか生息しないのだという事実に「しまったぁ!」と思ったものだった。

さらに、おいかわ丸さんから줄종개の写真を持ってないかとの問い合わせがあり、写真を送ったりしたけれど、お役に立てたのかどうか。

この줄종개の特徴はというと、学名の"tetralineata"で分かるとおり、とても長い長さで四本線が連続しているということにある。前回、줄종개がたくさんとれたので、今回はじっくりそれらの写真を撮ってみた。

それで、ここから先はその写真ばかりになる。ドジョウマニアの方や研究者の方以外には面白くないかもしれないのであらかじめご了承いただきたい。
まずは1匹目。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)のオス。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
わしにも骨質盤が見えた!見えたぞ!

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

20111205163239a.jpg


2匹目。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
こいつはメスだな。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)


3匹目。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
これもオスですな。1匹目よりも小さい個体。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)


4匹目。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
これもオス。でも骨質盤の中央があまり黒くなっていない。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)


5匹目。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
メス。「男子・女子・男子・男子・女子……」の順に並べないとな。

줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)
줄종개(ジュルジョンゲェ 和名不明 Korean striped spine loach = コウライスジシマドジョウ? Cobitis tetralineata)

こんな画像でちょっとお役に立てただろうか……。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 줄종개

コメント

非公開コメント

No title

リクエストにお答えいただき大変ありがとうございます。感謝感激です。

スジシマドジョウが日本にもいるという記述は、そもそも日本のスジシマドジョウ(中型種瀬戸内型=たぶんC. striata)が
はじめに日本で見つかっていて、それとおなじものが韓国にもいる、という意味の記述が古くからなされていたからです。
その後、韓国の研究者によって日本のスジシマドジョウとは異なる特徴を持つことから、1999年にC. tetralineataとして
区別して新種記載されました。実際に記載者によるレビュー論文Kim(2009)でも韓国の固有種と記されています。
遺伝子も日本のスジシマドジョウ類とは異なる特徴を持つようなので、現在までのところ韓国固有種ということで
間違いないのではないでしょうか。

そうそう、あとテトラ、ですから4本ラインですね。シマドジョウ属の体側の模様は、背中の模様と、体側の4列の模様
(上からZ1~Z4)としてみるのが流行していますが、日本のスジシマドジョウだとZ1のラインがこれほど太い縦状にならず、
より細く細かい点列で背中の模様とかみ合うように並ぶことが多いようなので、4本ライン(テトラリニアータ)というのは
特徴を捉えた良い名前だなあと写真を見ていて思いました。それにしてもこれはきれいなドジョウですね。
いつか実物を見てみたいです。
とても参考になりました。どうもありがとうございました。

Re: No title

おいかわ丸様
コメント有難うございます。

> スジシマドジョウが日本にもいるという記述は、そもそも日本のスジシマドジョウ(中型種瀬戸内型=たぶん
> C. striata)がはじめに日本で見つかっていて、それとおなじものが韓国にもいる、という意味の記述が古く
> からなされていたからです。
> その後、韓国の研究者によって日本のスジシマドジョウとは異なる特徴を持つことから、1999年にC. tetra
> lineataとして区別して新種記載されました。実際に記載者によるレビュー論文Kim(2009)でも韓国の固有種と
> 記されています。
> 遺伝子も日本のスジシマドジョウ類とは異なる特徴を持つようなので、現在までのところ韓国固有種というこ
> とで間違いないのではないでしょうか。

詳細な解説有難うございます。自分も概ねそのように理解していたのですが、2010年の文責でこのように書かれていたので、なんか新しい情報でもあったのかななんて思った次第です。


> そうそう、あとテトラ、ですから4本ラインですね。

うおおしまった。これはうっかりミス。記事を修正しておきました。


> シマドジョウ属の体側の模様は、背中の模様と、体側の4列の模様(上からZ1~Z4)としてみるのが流行して
> いますが、日本のスジシマドジョウだとZ1のラインがこれほど太い縦状にならず、より細く細かい点列で背中
> の模様とかみ合うように並ぶことが多いようなので、4本ライン(テトラリニアータ)というのは特徴を捉え
> た良い名前だなあと写真を見ていて思いました。

これを韓国では감베타 반문(ガムベタ バンムン[斑紋])と呼んでいるようですが、日本語ではガンベッタゾーンでよいでしょうか。このライン、冬になっても本当にこのままきれいに揃っているようです。
蟾津江という水系はこのドジョウといいオオイチモンジタナゴといい本当に魅力いっぱいです。

No title

>これを韓国では감베타 반문(ガムベタ バンムン[斑紋])と呼んでいるようですが、日本語ではガンベッタゾーンでよいでしょうか。

そうですね。専門的には通常ガンベッタゾーン(Gambetta zone)と呼んでいると思います。
ガンベッタ氏が1934年に論文発表した模様の分類法だそうです。
実は日本人も古い時代にシマドジョウ属の体側の模様の分類法を記しており、これだと背中のラインも含めてL1~L5
と呼んでいて、個人的にはこっちの方が一括で説明できて良いように思っていますが、残念ながら世界的には
知られていないので、ガンベッタゾーン(体側の4本線)+背中の模様という形での記載が一般的みたいです。

>このライン、冬になっても本当にこのままきれいに揃っているようです。
>蟾津江という水系はこのドジョウといいオオイチモンジタナゴといい本当に魅力いっぱいです。

模様の変化がおきないというのは面白いですね。
蟾津江はいつか行ってみたいです。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク