スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美原川上流夜ガサガサ

今回も仕事が遅くなった帰りに夜ガサガサしてきた。
場所は미원천(ミウォンチョン 美原川)。この川は何度も訪れている川で、この辺に記事があるほか、正直言うと記事にならない夜ガサガサを何度も行っている。
でもって今回行った場所はここで꼬리치레도롱뇽(ッコリチレドーロンニョン 和名ハコネサンショウウオモドキ Onychodactylus fischeri)をしているが、その採集場所よりも下流。それでも미원천としては上流部に当たる場所だ。

川は最近ずっと雨が降らなかった関係で水の流量が少なく、変な深みにはまらなければ普通の長靴でも大丈夫なくらい。ただ、水はすこぶる濁っていて、最上流の棚田でなんかやっているんじゃないかと思うくらい。もちろん汚染水として濁っているのではなく、泥がいっぱい混じっている感じ。
 
 

꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)
꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)。石をめくれば出てくるが、一昨年前に生まれた個体でももう卵がおなかのなかにあるものもいる。

동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)
おやおやこんなところで동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)。がとれたよ。ちょっと感動した。わしの家の前の川ではとんと見たことがないのに。가평천(カピョンチョン 加平川)や홍천강(ホンチョンガン 洪川江)にいることは分かっているから、こりゃ清平ダムの下流と上流とで동사리の生息が決まってくるかもしれないね。家の前の川の上流と、清平ダムの上流の小さな川を調べてみようかな。

참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)
참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)。追星が出たオスの個体。やっぱり上流になればなるほどZacco類は피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)が少なくなり참갈겨니が多くなるな。

퉁가리(トゥンガリ 和名コウライアカザ Liobagrus andersoni)
퉁가리(トゥンガリ 和名コウライアカザ Liobagrus andersoni)。これも石をめくると出てくる。定番といえば定番だが。

쉬리(シュイリ 和名ヤガタムギツク シュリ Coreoleuciscus splendidus)
쉬리(シュイリ 和名ヤガタムギツク シュリ Coreoleuciscus splendidus)!!
実はしばらくの間、美原川という川は쉬리が生息しない川だと思っていた。쉬리がいそうな早瀬をいくら探してもとれなかったからだ。しかし、いつだったか銀杏のくさい臭いが漂う時期に、ここで紹介した場所の下流にある堰の下、幅50センチくらいしかない早瀬で쉬리を採集した。美原川の쉬리生息地はここくらいしかないのではと思っていたら、ここ結構쉬리がいて、ちょっと嬉しいやらがっかりやら。

참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)
참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)。果敢に網抜けを試みるも失敗の図。

미꾸라지(ミックラジ 和名カラドジョウ Misgurnus mizolepis)
미꾸라지(ミックラジ 和名カラドジョウ Misgurnus mizolepis)。背びれの基底部から後ろがあまり膨らんでいないように見えるから미꾸리(ミックリ 和名ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus)かなぁ。でも미꾸리にしてはヒゲが長いと思うし……。
それにしても、うひょーなんじゃこの大きさは。22センチオーバー。普通の人より太いわしの親指よりも太いんですけど。ここまで大きいの見たことないよ。もしかしてここのヌシだったんじゃないの?これって何年生きているんだろう。間違いなくうちの次男より長生きしてるよね?
一応採集水槽に入れて、どうしようか悩んで、3度放流したけどその場を離れなくて、むしろ手でつかもうとしたらつかまりに来るくらいで。迷った挙句お持ち帰りした。我が家で余生を送っていただこう。

돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)
돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)。メスなのにこれまたこんなに真っ黒になっちゃって。

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
砂地のところでは모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)。結構上流なのによくいるなと思う。

미유기(ミユギ 和名コウライヤナギナマズ Silurus microdorsalis)
미유기(ミユギ 和名コウライヤナギナマズ Silurus microdorsalis)キター!!やっと上流らしい魚が出たよ。おなかが大きいのは、卵を抱えているのか、それとも何か大きなものを食べたからか。でもとれたのはこれ一匹。やはり미유기はガサガサでの採集が難しいなぁ。

참종개(チャムジョンゲェ 和名コウライシマドジョウ チョウセントゲドジョウ? Iksookimia koreensis)
참종개の結構大きい個体がとれたのでワンカット。ここにも網抜けを試みるも失敗してる奴がいる。

20120520011340.jpg
この場所は細かい石やら落ち葉やらで巣を作っているトビケラやらカゲロウやらの水棲昆虫がたくさん見受けられる。岸近くの石をめくったら、その下にプラナリアがわらわらしていた。


동사리については、今後清平ダムのすぐ上の川をいくつか調べてみようかなと思った。またひとつ課題ができたかも。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

ドジョウさん、大きいですね~。
20cm越えとなると、水槽でもかなりの暴れん坊になりそうですね。

韓国採集も早く行きたいです!
出来れば韓国産タンポポも見たいので、来年の5月位にどうにかならないかなぁ~。
なんて妄想しております。

No title

大きなドジョウ?カラドジョウ?ですね。
鱗が粗そうなのでカラドジョウで良いような気がします。
前に飼っていたドジョウは14年くらい生きていました。

Re: No title

アヤヨシ様
コメント有難うございます。

> ドジョウさん、大きいですね~。
> 20cm越えとなると、水槽でもかなりの暴れん坊になりそうですね。

さすがにここまで大きいとメスだと思うのですけど、「年寄り」なのでしょうか、まぁ静かなものです。現在デルヘッジと同居中であります。

> 韓国採集も早く行きたいです!
> 出来れば韓国産タンポポも見たいので、来年の5月位にどうにかならないかなぁ~。
> なんて妄想しております。

韓国にもシロバナと黄色いのと西洋タンポポがあるようで、シロバナは薬用として楊口などで栽培されているようですよ。

Re: No title

おいかわ丸様
コメント有難うございます。

> 大きなドジョウ?カラドジョウ?ですね。
> 鱗が粗そうなのでカラドジョウで良いような気がします。
> 前に飼っていたドジョウは14年くらい生きていました。

ドジョウとカラドジョウの同定は、ときに非常に紛らわしい場合がありますね。
背びれ基底部から尾びれにかけてとか、ひげの長さとかが同定ポイントになるようですが、今回の個体も尾びれの付け根がカラドジョウとはっきり言えるほど太くなくて、どうしようかと思いました。
韓国ではカラドジョウのほうが最終的には大きくなるようなのですが、日本ではいかがでしょうか。
それにしても14年はこれまた長い期間飼育されましたね。

初めまして2

韓国に去年の暮れから単身赴任している、タナゴ大好きオヤジです。
いつも大変楽しく拝見させていただいています。

東京ではドジョウを採取するには高速道路で2時間くらいは走らないと無理です。
しかもこんなに大きなものは日本ではいません。。。すごいですね。
韓国は自然を皆さんが大切にされているのでしょうね!素晴らしい事です。
自分は自転車しか足がないので、がんばってヤンジェイの川あたりを散策してみたいと思います。
なにか見つけたらアップしますね!ありがとうございました。

Re: 初めまして2

林 春生様
コメント有難うございます。

> 韓国に去年の暮れから単身赴任している、タナゴ大好きオヤジです。
> いつも大変楽しく拝見させていただいています。

タナゴ大好きとは、タナゴ釣りもされますでしょうか?
これはブログにも時々登場されている井上様が今度来韓される際に、楽しみが一つ増えるかもしれませんね。


> 東京ではドジョウを採取するには高速道路で2時間くらいは走らないと無理です。
> しかもこんなに大きなものは日本ではいません。。。すごいですね。

韓国ではドジョウは実に様々な環境においても生息していますね。しかも個体数が多いですね。
自分が今度一時帰国した際に、らいあます様と房総半島のほうにシマドジョウをとりにいく話をしているのですが、いつか実現できたらと思っております。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。