湖のカワヒラ釣り

先回の記事でHemiculterがとれたが、クルターといえば、今年の5月に家の近所の湖で강준치(カンジュンチ 江준치 和名カワヒラ Erythroculter erythropterus)を釣った。


湖でいろいろ釣っている知り合いが「ちょっと一緒に出てみない?」というので、退勤時間に待ち合わせて、ボートに乗って断崖絶壁の手前へ。知り合いの話によると、日が沈む頃に강준치がこの断崖絶壁の下の深いところから上がってきて、沖のほうに出るという。そこでその断崖絶壁のすぐ近くをトップウォーターのルアーで釣るという計画だ。

で、わしときたらリールを使うのがホント久しぶりで、最近流行の「えの! しま! どーん!」で投げてもあらぬ方向に飛んでいくばかり。もう恥ずかしいったらありゃしない。しかも、樹に引っかかって落ちたルアーがたまたま断崖絶壁に沿って水に落ちて、それが落ちた瞬間入れ食いしたりして嫌になる。

それにしてもだ。透明度が50センチくらいしかない湖の底のほうからギンギラギンの物体がいきなり見えたかと思うとヒットしたり、またさっと見えなくなったりするのはすごいな。

こちらはというと、ただひたすら、くたばりかけのオイカワを演出するのみ。で、ヒットしたらヒットしたで、ひきずって行こうとするときにはどんどん泳がせて、力が弱くなったらリールを巻く。でもそのリールを巻いているときに、十数秒間まるで手応えがなくなる。本当にルアーの回収だけをしているみたい。知り合いの話によると、そんなときは강준치が船に向かって泳いできているのだそうで、よくあるとのこと。でもって、船に十分近づいたところで大暴れをするのだそうだ。

강준치(カンジュンチ 江준치 和名カワヒラ Erythroculter erythropterus)
こういう状態でも、背中は黒く見えるけど魚が動き回るとギンギラギンがやたら目に映えるのだ。

自分で釣った結果は2匹。樹に引っかかったルアーで入れ食いのを合わせると3匹か。1時間ほどやって、ヒットは8回くらいあったけど、途中でバラしたり、水から上げる際にタモ網を使わなかった関係で取り逃がしたりした。

강준치(カンジュンチ 江준치 和名カワヒラ Erythroculter erythropterus)
これが강준치(カンジュンチ 江준치 和名カワヒラ Erythroculter erythropterus)。すんげーギンギラギン。そしてすんげー魚臭い。水槽で様子を撮影できる大きさではないので、とりあえずこれで勘弁を。
わしとしては、水面近くに群れている若魚を網でガサッとすくって、それを持ち帰って撮影できればなぁと思っていたけれども、강준치の若魚どころか魚の群れすら今回は目にする事ができなくて残念。

なお、韓国には、HemiとかErythroとかのつかないクルターが生息している。ただそいつは洛東江水系のぶっとい本流とか湖とかに行かなければとれず、しかも강준치同様ガサガサでとるのは非常に難しい環境にいる魚なので、わしにとっては敷居が高いのだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

先日、初投稿させていただいた、林です。

タナゴ釣りも大好きです。日本にいた頃は北浦付近に良く釣りに行っておりました。
韓国にもタナゴ釣りができればと思い、道具はひとそろいもって来ましたが、まだ
近所の川などでは、タナゴはみつかりません。

アキミツさんはルアー釣りもやるのですね。それもこんなに立派なカワヒラをトップで釣りなさるとは
びっくりしました。韓国は自然がまだ残っていて、大変うれしいです。

Re: No title

林 春生様
コメント有難うございます。

> タナゴ釣りも大好きです。日本にいた頃は北浦付近に良く釣りに行っておりました。
> 韓国にもタナゴ釣りができればと思い、道具はひとそろいもって来ましたが、まだ
> 近所の川などでは、タナゴはみつかりません。

ソウル市からちょっと離れますと、タナゴの釣れる場所がありそうです。
ソウルの南側は自分も詳しくありませんが、北側ですと中浪川や王宿川ではタナゴポイントがあるようですよ。


> アキミツさんはルアー釣りもやるのですね。それもこんなに立派なカワヒラをトップで釣りなさるとは
> びっくりしました。韓国は自然がまだ残っていて、大変うれしいです。

恥ずかしながら釣り道具はすべて借り物です。
カワヒラは頭が上を向いているように、水面に近いところで捕食をするようです。
今回カワヒラを釣ったダム湖の下流に、時々韓国在住の日本人の方々が来られてコウライニゴイ等を釣っていらっしゃるようです。

No title

アキミツさま

カワヒラ、かっこいい~!!!
これだけ大きいと特徴もよく出て最高ですね。

アキミツさんと同じように私もあまり釣りはしませんが、ゲームフィッシュとして楽しそうですね。


さて、余談ですが、カワヒラの学名、今はChanodichthys erythropterusとされています。
Erythroculterやら、Cultrichthysやら属名がいろいろ提唱されごちゃごちゃしていますが、今はすべてシノニムです。
まあ、それだけ分布が広いということですね。

ある研究者とこの魚の話をしたときに、この魚 erythropterusの名の通り、臀ビレが赤く染まるんですよね。
写真も見せてもらいましたが、ホントにそうでした。ただ、それ以外でヒレが染まった本種を見たことがないので、「実は隠蔽種がいたりして・・・」なんて思ってしまいます。

Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。返信が遅れてしまいまして申し訳ございません。

> カワヒラ、かっこいい~!!!
> これだけ大きいと特徴もよく出て最高ですね。

できればもっと自然な姿を撮影したかったのですが、これは仕方ありませんね。
いつかは25センチ未満のサイズの個体を網でとって観察したいです。


> アキミツさんと同じように私もあまり釣りはしませんが、ゲームフィッシュとして楽しそうですね。

はい、韓国でもカワヒラはゲームフィッシュとして扱っていらっしゃる方のほうが多いです。
理由は、食べてもまずいし小骨が多いからであります。


> さて、余談ですが、カワヒラの学名、今はChanodichthys erythropterusとされています。

なんと!そうなんですか。
カワヒラの学名変更に関しては話題にあがったことがなかったものですから……。
韓国国内での記事で学名変更を調べてみましたが、数件しかヒットしませんね。まだ関心が薄いのでしょうか。
もし他にも学名が変更されている魚種がありましたら、ご教授くださいませ。


> ある研究者とこの魚の話をしたときに、この魚 erythropterusの名の通り、臀ビレが赤く染まるんですよね。

え?黒っぽいヒレしか印象にないのですが……
でも学名からしますと確かにそうなりますね。
今度知り合いにきいてみます。何度もカワヒラを釣っていますので、時期的な体色変化も知っているかもしれません。

No title

こんばんは

カッコイイですね。

日本のワタカではいいとこ毛ばり釣りなので、ここまで楽しめないだろうな~。
魚影もなかなか濃いようで、短時間でも楽しめますね。

Re: No title

アヤヨシ様
コメント有難うございます。

> 日本のワタカではいいとこ毛ばり釣りなので、ここまで楽しめないだろうな~。
> 魚影もなかなか濃いようで、短時間でも楽しめますね。

日本に生息する魚種でカワヒラにもっとも近いといえばワタカということになるのでしょうが、ワタカは大きくなるにつれて草食性が強くなるとのことですね。カワヒラは大きくなるとますます肉食性が強くなりますので、その辺の違いがあるのでしょうね。
知り合いによりますと、「日没前後だからここでこれだけかかる」とのこと。時間帯に左右されるようです。

プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク