渇水期の終わりの上泉川早朝ガサガサ

2012年上半期の韓国は、「雨雲が避けて通る」と言われるくらい、まともな雨が降らない日が続いた。これについては大手韓国新聞の日本語版でも出ているのでいくらでも参照できるわけだが、わしの記憶では6月29日の深夜から翌日にかけて降った雨が「しばらくぶりの雨らしい雨」となったと思う。
そして、7月に入ってからはよく雨が降っている。やっぱり7月・8月は韓国は「雨季」とも呼べる気候となるようだ。

そんな中、2泊3日かけてちょっと遠出をしてきた。このブログで採り上げるのだから言うまでもなくガサガサ遠征だ。でもやはり雨のせいで実質活動できたのは1泊2日だったが。

で、その記事を掲載する前に、渇水期の終わりに近所の川で深夜ガサガサをしたことを書こうと思う。

20120618055039.jpg
この辺あたりで井上さんが釣られている写真と比較していただければ、水の少なさが分かるだろうか。普通に水が流れているところは、渡るに長靴も要らないレベル。もうスニーカーで十分な深さしかない。深いところはウェーダーが必要ではあるものの、お尻までぬれない。
この川は上流に貯水池がある関係で、まだこの程度水が流れているが、この程度の規模の川だと本当にすっからかんと干上がってしまった川も多い。

で、何故この時期にいつもの「ご近所プチガサガサ」でなくて「早朝ガサガサ」だったのかというと……うーむ、今後どうなるか分からないから、今はひとまず「師匠関係」とだけ書いておく。でも写真の枚数はというと、申し訳ないことにプチガサガサレベル。m(_ _)m



それでは写真を撮った順番で。

긴몰개(ギンモルゲェ 和名ホソモロコ Squalidus gracilis majimae)
긴몰개(ギンモルゲェ 和名ホソモロコ Squalidus gracilis majimae)。
피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)や참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)と一緒になって普通に泳いでいる。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)。おお、どうやら元気に暮らしていてくれたようだな。このサイズの個体も、昨年生まれたと思われる小さな個体もいる。

20120618041848.jpg
このように、今年生まれた稚魚がわらわらといるのを見ると、いやぁ夏が来たねぇと思う。ちなみにこいつらの大部分というか90%以上は배가사리(ベガサリ 和名ホタテコブクロカマツカ Microphysogobio longidorsalis)でありまする。

20120618044239.jpg
ボサを蹴ったら、いろんなのが出てくる。피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)や참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)はもちろんのこと、꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)、모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)、얼룩동사리(オルルクドンサリ 和名セマダラドンコ Odontobutis interrupta)、참마자(チャムマジャ 和名ズナガニゴイ Hemibarbus longirostris)といった、それなりの大きさになる魚たちが出てくる出てくる。

떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)
タナゴたちでは他に、떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)も出てくる。尻びれと口先のオレンジ色がおしゃれですな。

납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)
납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)。写真にはまともに写っていないのが本当に残念なのだけど、青やら紫のメタリックに輝いてすごいことになってる。もっともこいつがとれたらわしにとってはデルヘッジ様への生贄だけどな。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
発色では한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)もこのようにいぶし銀&ゴールデンでがんばっている。

やっぱりここはいい所だねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Akimitsu様、こんにちは。

はい、上泉川は(少々干上がっても)本当に良い川です。
떡납줄갱이も한강납줄개も頑張ってくれてますね。감사합니다.
お盆が過ぎたら상천천に行こうかな~。行きたいな~。

あッ、「早朝ガサガサ」の目的魚はここの한강납줄개の様な気がしますです。

No title

アキミツさま

ホソモロコ,いいですね~.
クルターには劣りますが・・・(笑)

ところで,ホソモロコに関して,日本のイトモロコと形態を比べて,両者の分類学的な再検討を行う研究を始めました.
千葉中央博に,中国北部のS.g.majimaeの標本が幾つかあったので,それがきっかけとなりました.
ただ,研究のほとんどは近大のポスドクがするので,そのサポートぐらいですが・・・.

結果がわかればお知らせしますね.

Re: No title

井上様
コメント有難うございます。

> はい、上泉川は(少々干上がっても)本当に良い川です。
> 떡납줄갱이も한강납줄개も頑張ってくれてますね。감사합니다.
> お盆が過ぎたら상천천に行こうかな~。行きたいな~。

いつでもお待ちしておりますよ~。
今年は前半に雨が降らなかった反動が来ているのか、7月に入ってから雨がよく降っています。秋夕を過ぎた頃からまた雨が降りにくくなるのではないかと思いますです。

Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。

> ホソモロコ,いいですね~.
> クルターには劣りますが・・・(笑)

クルター本当にお好きですね。^^
ホソモロコは韓国のいろんなところでお目にかかるのですが、それでもオイカワムツやムギツクのように、どこにでもいるというわけではないというのが不思議です。


> ところで,ホソモロコに関して,日本のイトモロコと形態を比べて,両者の分類学的な再検討を行う研究を始めました.
> 千葉中央博に,中国北部のS.g.majimaeの標本が幾つかあったので,それがきっかけとなりました.
> ただ,研究のほとんどは近大のポスドクがするので,そのサポートぐらいですが・・・.
>
> 結果がわかればお知らせしますね.

これはちょっと楽しみです。日本のイトモロコと実はシノニムと呼べるレベル、なんて結果が出たら、それはそれで有意義ですねぇ。
できれば韓国産の標本とも比べてくださると有難いです。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク