大先輩とご近所タナゴ釣り

「日韓ちゃんぽん」でも何度か登場し、また様々な記事にコメントを下さった井上さんが来韓された。
今回の目的はというと、떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)と한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)。ありがたいことに、この2種はわしも過去に1箇所で何度も採集したことがある。しかもわしの近所。というかいつものように行く場所なのだ。
過去の「日韓ちゃんぽん」記事でも、師匠と一緒にガサガサしてこの2種のタナゴや꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)やらを採集した。

20080810131244.jpg
その時はこんな写真を撮ったり、今回の記事の趣旨とは違うけれど

꺽지(ッコクジ 和名コウライオヤニラミ コクチ Coreoperca herzi)
この写真がナルさんの心を揺さぶったりしたのだった。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
夜のガサガサでは、こんなゴールデンな한강납줄개を採集できたりもした。

 

 
 
さて、한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)についておさらいすると、この魚は2001年に日本魚類学界誌にて新種発表された魚で、각시붕어(カクシブンオ 和名ウエキゼニタナゴ Rhodeus uyekii → Rhodeus sinensis)に良く似た魚だ。大きさは5センチ~9センチ程度で、각시붕어より大きくなる。口ひげはなく、側線は完全で、ほぼ直線または中間部分が若干下に曲がる。背びれの開始点より後方から尾びれの付け根まで長い青いラインがあるが、각시붕어にある尾びれの真ん中にオレンジのラインがない。
そしてこの魚は、本来「南」漢江の水系に生息する魚。京畿道の양평(ヤンピョン 楊平)や江原道の횡성(フェンソン 横城)にある南漢江の支流に限定的に生息するとのことだが、わしの近所にも生息しているのだ。わしのところは「北」漢江の水系になるから、大変貴重な生息地と言うことになる。とにかく全国での生息分布が発表され次第絶滅危惧種指定されるだろうと言われている魚だ。

20101006153523.jpg
井上さんを現地にお迎えして早速釣り糸をたれる。
ちなみに井上さんが着用されているウェーダーだが、大変失礼ながらわしのほうで準備させていただいた。魚の暮らす場所である水の中をずかずか歩くというのは、江戸前タナゴ釣りの「粋」に反することだろう。だがこれも申し訳ないことに、한강납줄개と떡납줄갱이が棲むポイントにたどり着くためには、どうしても川を横切らなければならず、釣り用長靴ではどうしても丈が足りなかったのだ。

わしも今回はガサガサではなく、江戸前タナゴ釣りに挑戦してみた。
タナゴがエサではなく浮きのほうをつんつんするので深さ調整に神経を使ったり、若い衆が回遊してくるのを狙ってみたりして、いろいろチャレンジしたのだけど、タナゴに「合わせる」というのは難しいものですな。

떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)
それでも떡납줄갱이(ットクナプジュルゲンイ 和名カラゼニタナゴ Rhodeus notatus)がとれた。いやぁ嬉しい。思わずいつものガサガサの癖で左手に魚を乗せようとして、自分の手が「ぬれていない」ことにはたと気付いた。もしそのまま触ってしまっていたら、体長3センチほどの繊細な魚のその鱗がべろっと引き剥がされていたかもしれない。

돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)
돌고기(トルコギ 和名ムギツク Pungtungia herzi)の幼魚(というか、このサイズでは稚魚かな)も釣れた。がめつい奴め。

さて、わしの釣果は本当にこんな程度だが井上さんのほうは着々と成果が。ただ、떡납줄갱이は釣れても肝心の한강납줄개が一向に釣れない。한강납줄개のかわりに、本来もうちょっと下流でそれこそ橋の下にたくさんいる납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus)ばかりが釣れだす。さらに、わしが今まで何度も通ってきて一度も網にかかったことのない、한강납줄개とは似て非なる각시붕어が井上さんの釣り針にかかりだす。
何かいつもと様子が違うので、わしも釣りから網に切り替えて、ポイントをガサガサしてみた。

20101006165532.jpg
この写真はポイントの反対岸に回って、そこから井上さんを撮影したものだが、やはりポイントの反対岸でも한강납줄개は網にかからなかった。この撮影時のこの立ち位置では、上のほうから冷たい水が流れ落ちてくる。師匠曰く、한강납줄개は冷たい水が流れ込むが一年中凍らないような場所に多く生息すると言う。そして師匠とのガサガサではまさにこの場所でたくさんの한강납줄개が採集できたのだ。

仕方がないので、別の한강납줄개ポイントに移動することにした。こちらは떡납줄갱이が生息していないポイントなので、あくまでも第2候補のポイントだった。

20101006175129.jpg
井上さんにヒット!でもこの魚は残念ながらタナゴではないのだ。
少ないが目の前に確かにタナゴがいる。でも全然エサに喰らいついてくれない。

そうこうしているうちに日が沈んでしまって、結局한강납줄개は1匹も釣ることができなかった。



この結果はわしとしてはあまりにも不本意。だっていつものようにとれていたものがまったくとれないだなんて。



そんなわけで、せめて井上さんに한강납줄개をお見せしたくて、ちょっとがんばっちゃいました。

やっぱタナゴを網に入れるなら夜中だよね!

そんなわけで、仕事が遅くなった帰りに、2番目のポイント(한강납줄개ばかりいるポイント)のほうで夜ガサガサ敢行!
夜のタナゴにゃでかい網は不要。熱帯魚用の網さえ両手に持てばお茶の子さいさい。
한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
あらよっと。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
ほいもういっちょ。ライトのせいで黄色く写ってしまった。
そんなこんなで30分ちょっとで20匹ほどさくさくっと網に入れてだな、早朝に井上さんの宿泊されているホテルを強襲。といっても井上さんは普段から早寝早起きの生活をされているので、わしが行っても余裕で起きていらっしゃったけどな。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
せっかくなので、一番大きいオスメス一匹ずつを選んで撮影用水槽に入れてみた。こちらはオス。シーズンではないので婚姻色は消えているが、それでも淡い紫色が貫禄を感じさせる。

한강납줄개(ハンガンナプジュルゲェ 漢江납줄개 和名ニセヨーロッパタナゴ Rhodeus pseudosericeus)
で、こちらはメス。やさしいピンク色が残っている。

20101009062303.jpg
井上さん、ご満足いただけたかなぁ?
今回の夜ガサガサで、2つ目のポイントは反対岸のほうが한강납줄개がたくさんいることが分かったので、次回来韓の折には是非한강납줄개を釣っていただきたい。そして、釣りとは別に午前3時頃に川へ繰り出して、井上さんの愛するタナゴたちの寝姿を一緒に見ませんか?



井上さんとの紀行はもう一本いきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お世話になりました。

アキミツ様のお蔭で(この歳になって)様々な感動体験をさせて頂いてます。カムサハムニダ。
古今広しと云えどもウェーダー着てタナゴ釣りしたのは多分、私だけでしょうね。しかも韓国で!
写真を見て気付きましたが、人相が悪過ぎます。한강납줄개が近寄って来なかったのも偏光眼鏡の
所為と思われます。早速に可愛らしい(全然恐く無いんだよ)偏光眼鏡にチェンジしますね。
この度も大変お世話に成りまして本当に有り難うございます。
次回(来春かな)は是非とも、草木も(タナゴも)眠る丑三つ時ガサガサにお供致したいと考えています。どうぞ宜しく。

Re: お世話になりました。

井上様コメント有難うございます。
殿様の遊びであるタナゴ釣りにウェーダーというのは、風情がありませんね。
ためしにウェーダーでタナゴ釣りを検索してみましたところ、朝露にぬれた葦原をかきわけて釣りポイントにたどり着くのにウェーダーを着用されている方がいらっしゃいますね。でもその方はやはり川の中に入ってはいらっしゃらないようです。
ウェーダー着用、川の中を進んでタナゴ釣り、しかも目標魚種の釣果なしというのは本当に申し訳ございませんでした。
次回韓国タナゴ釣りにお越しの際は、ぜひとも한강납줄개を釣っていただいて、更に丑三つ時のタナゴたちの寝姿をお楽しみいただけたらと思います。

懐かしい写真ですね。

アキミツ様

あのコウライオヤニラミの写真本当に懐かしいです。体色がまるで違う魚のように綺麗ですね。
今思うと1枚の写真の魚が人を異国へと導くなんて凄いことだと感じてます(笑)
社会人になってお金が貯まったらまた韓国に行きたいと思っています。今度はもう少し韓国語を覚えてから臨まなければ(苦笑)
移転してからのブログ、初めて拝見させていただきましたがとても見やすいなぁと感じました。写真も大きくていいですね。



Re: 懐かしい写真ですね。

ナル様
コメント有難うございます。

新しくなったブログにお越しくださいまして、有難うございます。
ナル様たちの来韓は本当に思い出深いです。それまでは申し訳なくも自己満足的な思いでブログを書いていたのですが、ナル様たちの来韓を機に、韓国の魚に関心を持ってくださる方々をはっきり意識するようになったと思います。そして魚類学の基礎知識や、韓国の魚だけでなく日本の魚も勉強しなければならないし、韓国については魚だけでなく地理や歴史、民俗風習についても勉強しておかねばならないなと思った次第です。

「韓国語を覚えて……」ということですが、韓国は結構日本語の分かる人がいますから、当時のような元気のよさと笑顔で日本語で話しかけられて、気分を害した韓国人の方はいらっしゃらないと思います。自分の目から見ても、ナル様たちも韓国人の方たちも本当に楽しそうでしたよ。


ところで、昔のブログ記事をのちほどこちらに再掲載するにあたって、原文「学生さん」のままではあれですので、「ナル様&けんけん様」に修正しては駄目でしょうか?
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク