蟾津江遠征ガサガサおまけ ヌマチチブ天国編

その3の続き。

朝になったので、ひとまず食事をして、次のポイント候補地へ向かう事にした。
途中、冬でも枯れることなく水が流れていそうな用水路を見たりして、こんなところでもガサガサやってみたいなぁと思いつつ車を走らせたら、その候補地はショバ代を払って遊ぶ場所だった。いくら衛星写真で候補地を探してみても、こればかりは現地に直接行かないと分からない。時折上水源保護区域に指定されていたりもする。
仕方なく別の候補地へ向かう。するとやはりそこもダメ。これはもう行き当たりばったりでよさげなところを探してみるかと、섬진강(ソムジンガン 蟾津江)に沿って走る国道を上流方面に遡ってみたけれど、この蟾津江という川は韓国の大型河川と同様で、開けたところから上流に行こうとすると山間の渓谷をひた走り、その上流にはまた開けたところがあるといった感じで、山間の渓谷部分は侵入すら難しかったり、川まで降りる事ができるところはみんなショバ代を払う「유원지(ユウォンジ 漢字で書けば遊園地)」になっていた。

こりゃ本当についてないな、と思いつつ、この時に実は目をつけていた場所があったを思い出して、思い切って蟾津江中流にある湖の上流部まで行ってみることにした。場所としては、蟾津江の支流に当たる。

20120710135334.jpg

ついた場所はこんなところ。水が少ない。雨が降った後で他の川は増水気味なのにどういうこと?もともとこの川は水の流量が少ないのかな?衛星写真で見ると広い土手を持っているんだけどな。

そんな水の少ない川で、なにやらでっぷり太った魚たちがさも楽しそうに泳いでいる。何こいつ?

민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)
と思って一匹すくいあげてみたら、민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)だった。なんのことはないヌマチチブか。完全な成魚ではなく若魚だったから見慣れなかっただけか。


 
しかしこれは予兆に過ぎなかった。
この川、網を入れるところでみんな민물검정망둑が入ってくるのだ。他の魚がとれゃしない。

민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)
もう多い場所ではこんな感じ。ヌマチチブってこんなに群れたっけ?こいつら、可愛い顔をして水槽内でやることは鬼畜というイメージしかないんだけど。

밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)
早瀬の部分でやっと밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)がとれた。でもこいつもハゼの仲間である事に変わりはない。

동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)
抽水植物が生えているボサで동사리(ドンサリ 和名コウライドンコ Odontobutis platycephala)が出た。でもこいつもハゼの仲間であることに変わりはない。

20120710140229.jpg
왕종개(ワンジョンゲェ 王條鰍 和名ナガシマドジョウ Iksookimia longicorpa)。お前はハゼ軍団の下働きか。

20120710143726.jpg
やっと成魚の피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)と참갈겨니(チャムカルギョニ 和名不明 カワムツの新種 チョウセンカワムツ? Zacco koreanus → Nipponocypris koreanus)が出た。お前らこの川では日陰者かよ。

そうこうしているうちに本格的に雨が降ってきてしまった。ここの川も目標魚種の点から見るとまるでだめだった。


でもって、この場所は割と全州にも近いところだったので、この際だからと、ちょっと寄ってみたのだけど。

20120710170545.jpg
うーん、残念!
今度からはアポなしじゃなくて、行くときにちゃんと計画して前もって連絡しておかねば。


肉体的にも精神的にも疲れたし、おなかもすいたので、全州から程近い처갓집(チョガッチブ 家内の実家)に行って休ませてもらう事にした。わしが家族連れではなく一人でやってきたにも拘らず、장인님(ジャンインニム 家内のお父さん)、장모님(ジャンモニム 家内のお母さん)は快く受け入れてくれて、장인님の弟さんもソウルから来ていた事から、その夜は肉を焼いて食べた。でもって翌日はソウルに帰る장인님の弟さんと一緒に帰ってきた。


今回は休み自体が突然だったから、本当に計画不足、準備不足だった。天候も3日目の朝から雨という予報が結局2日目の午後から雨が降り出してしまったし。やはり夏はいろいろとうまくいかないね。雨の降らない春と晩秋が遠征に適していると痛感した。


これで今回の遠征はおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 蟾津江

コメント

非公開コメント

No title

アキミツさま

サンプリングは楽しい時もあれば,そうでない時もありますよね.

ぜひ,次回はいい時期に万全の体制で!!
楽しい報告を待っています.

Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。

> サンプリングは楽しい時もあれば,そうでない時もありますよね.
>
> ぜひ,次回はいい時期に万全の体制で!!
> 楽しい報告を待っています.

今回はいきなり決まった休みで出かけたので、いろいろと準備不足でした。
次回は精進します!
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク