スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JLPT(日本語能力試験)

JLPT(日本語能力試験)というのがある。
まぁ日本人にとってはなじみのない試験だ。外国人が受験するものだからな。

我が家の子供たちは日本と韓国の二重国籍であり、日本語と韓国語の両方を読み書き・聞き話しができるように教育している事を、以前から何度かお伝えしている。
今回、2012年度に長男と娘の二人にこの試験を受けさせてみて結果が出たので報告してみようと思う。

JLPTには、現在N1からN5の5段階の試験があり、大まかに言うとN5はとってもやさしく、N1はネイティブ日本人でももしかしたら合格できない人がいるかもしれないレベルだ。2012年度は7月と12月の2回にわたって試験があり、長男と娘はまず小手調べに7月の試験ではN4、12月の試験では本命のN3を受験させてみた。

ちなみに日本語に関するスペックは以下の通り。

●長男
    中学1年生。
    ベネッセの添削教材を小6の前期まで行う
    小1の際に40日ほど日本の小学校に通う。(旧日韓ちゃんぽんに掲載された)
    その他冬に2回ほど、1週間ほど日本滞在。

●娘
    小学4年生。
    ベネッセの添削教材を小学4年生いっぱいまで行う予定。
    小3の際に1年間、日本の小学校に通う。(この辺とかこの辺に記事あり)

さて結果だが、7月のN4は二人とも文句ない成績にて余裕で合格。
12月のN3では、まぁ受験会場は全国に散らばっているわけだが、わしらが行った受験会場では、N3を小学生で受験しているのは娘一人だったのではないだろうか。中学生も稀で、受験生はだいたいが大学生かそれ以上のようだった(7月のN4では、小学6年生くらいの男の子がいた)。ちなみに、娘の隣の席は偶然にも同じ教会に通う아저씨(アジョッシ 広義でのおじさん)だった。お互い受験する事すら知らなかったが。
N4とN3を受験するにあたって、予想問題集を使用して勉強させた。この予想問題集によれば、N4とN3の違いは敬語や受動態、「あげる」「くれる」「もらう」の区別等にあるようだったが、試験終了後に長男と娘いわく、「予想問題集のほうが難しかったかも」とのことだった。


N3の結果が2013年1月末に出た。結果は……二人とも合格。
ただ、得意な点と苦手な点が二人ではっきり分かれた。試験の配点は、言語理解が60点満点、読解が60点満点、聴解が60点満点。このうち、言語理解は長男が娘を上回り、読解は長男が30点をだいぶ下回り、娘はそれなり。聴解は長男がそれなりなのに対し、娘は1問間違えただけだった。結果として、総得点では娘のほうが点数が高かった。1年間日本の小学校に通った成果がはっきり現れたようだ。

長男はどうやら読解の設問において、とある設問の趣旨をまるまる全部間違えたようである。だから問題をちゃんと読めといつも言っているのに。長男には、今のままではN2は妹(娘のこと)は合格してもお前は合格しないぞと脅しておいた。

言語理解が娘より長男のほうが得点が高いのは、やはり人生経験の差だ。長男は韓国での漢字検定にもチャレンジしているので、そこで憶えた語彙力が多少活かされている。娘の今後の課題はこの言語理解のところにある。N2ともなると、経済やビジネスの用語が出てきたりするだろうからな。


今年7月に二人にN2を受けさせるかどうかは、まだ未定。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

JLPT(日本語能力試験)というのは初めて知りました。そいうものが韓国にあるのですね。
普通は、それで合格すると就職に役立ったりするような試験なんですか?

日本での英検みたいなものなのでしょうか???

Re: No title

らいあます様
コメント有難うございます。

> JLPT(日本語能力試験)というのは初めて知りました。そいうものが韓国にあるのですね。
> 普通は、それで合格すると就職に役立ったりするような試験なんですか?
>
> 日本での英検みたいなものなのでしょうか???

その通りです。この試験は世界的に行われておりまして、日本国内でも在日外国人や留学生を対象に行われているものです。
例えば旅行会社の「通訳ガイド」などでこの言語能力試験の資格が必要な場合がありますし、外国人の日本留学や帰国子女の転学などでも、この資格が一定以上達していなければ、留学前に1年間とか語学院に通う事になったりしますね。

No title

こんばんは

凄いですね~おめでとうございます。
そして、羨ましい!

最近、中国語を覚えようとしていますが、あいさつぐらいですでにやられてます。
せめて20歳に戻りたい!
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。