スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました夫余錦江支流ガサガサ

前回の続き。

「達人」조先生から「ここに行ってみな」と指摘された場所。そこは、금강(クムガン 錦江)の本流ではなくて支流だった。この場所でも今回の目標魚種である됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)がいるのだという。
さっそく現地へ移動。カーナビがなんか達人の指定した道とは違う道を案内してきたが、なんとか無事現地到着。「水の少ないときには早瀬ができる」と言われたその場所は、残念ながら錦江本流の水がそのままあふれてきたかのように、濁った水がゆっくりと流れている場所となっていた。


果たしてその場所は……その達人ポイントは、実に恐るべき場所だった。

前もって書いておこう。わしは3度叫んだぞ。3度!


 
ベースとした場所は砂地のところ。小型カマツカ属(Microphysogobio)の魚についてわしが以前書いたけど、「Microphysogobioは、水清き砂底に帰ってくる」は十分条件だと思うのだ。そこで砂底の場所からガサガサを始めた。

모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)
모래무지(モレムジ 和名カマツカ Pseudogobio esocinus)。うむ。砂底でこいつが出てこないと言うのは話にならないよな。

납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)
납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)。夜ということもあり、岸近くでぼーっとしている奴等が多い。

돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)
いよいよ来たか今回の本命!と思いきや、돌마자(トルマジャ 和名ムナイタカマツカ Microphysogobio yaluensis)だった。なにしろ今回の本命は一度も実物を見たことがないのでな。図鑑やらインターネットにころがっている写真やらを見ても돌마자と区別がつかん。だが、この個体は本命ではなかった。何故ならば……

됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)
うおおおぉぉぉなんか違うのキター(*゚∀゚)=3
白い。白いよ。そして目がでかいよ。なんと言うか、小型カマツカ属の魚ではあるんだけど、その稚魚……体長3センチにも満たない稚魚がそのままスケールアップして体長6センチくらいになってるって感じ。

됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)
そう、これこそが今回の本命、됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)なのだ!
白く透き通っていて、真ん中はギンギラギンだよ。
ヒメカマツカとはうまく名付けたものだなぁ。本当に「ヒメ」って感じがするよ、うん。

민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)
もうちょっと上流のほうへと移動してみた。すると、川底に石のようなごつごつしたものを感じた。そのあたりで민물검정망둑(ミンムルコムジョンマンドゥク 和名ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Katsuyama)がとれた。本流がだいぶ下流のところにある関係で、もしかしたら검정망둑(コムジョンマンドゥク 和名チチブ Tridentiger obscurus)かなと思ったが、背びれを見ると민물검정망둑で良いみたいだ。

미호종개(ミホジョンゲェ 美湖條鰍 和名ミホシマドジョウ Iksookimia choii → Cobitis choii)
底にごつごつした石があるのを過ぎたあたりで、水深の浅く砂とも泥とも言えるような川底に変わっていった。そしたら……
ギョエー天然記念物미호종개(ミホジョンゲェ 美湖條鰍 和名ミホシマドジョウ Iksookimia choii → Cobitis choii)キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

미호종개(ミホジョンゲェ 美湖條鰍 和名ミホシマドジョウ Iksookimia choii → Cobitis choii)
こんなところでこいつに出くわすとは思わなかったよ。しかも出方が尋常じゃないよ。1回網を下ろしたら確実に数匹入っている感じ。やばい。やばすぎる。なんだここは。明らかに集団生息地じゃないか。
しかもドジョウだから自ら網に絡む絡む。天然記念物さん勘弁してくださぁい゚ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン

납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)
これ以上上流に行くのはやばすぎると判断したため、川を下りながらいろいろなポイントをあたってみることにした。
これは납자루(ナプジャールー 和名ヤリタナゴ Acheilognathus lanceolatus → Tanakia lanceolata)のオス。婚姻色が良い感じに出ている。写真では朱に染まった背びれと尻びれくらいしか確認できないけど。

줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)
お、줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)だ。やっぱりCobitisとこいつは共存関係にあるのではないだろうか。

미호종개(ミホジョンゲェ 美湖條鰍 和名ミホシマドジョウ Iksookimia choii → Cobitis choii)
またもや天然記念物様。砂地だけどあんまりさらさらとしない場所で出てくる出てくる。


モロコだな。참몰개(チャムモルゲェ 和名コウライモロコ Squalidus chankaensis tsuchigae)と思われる。
調べてみると、ベースとした場所より下流になればなるほどモロコが本当に多くなり、天然記念物様が少なくなった。

흰수마자(フィンスマジャ 和名シラヒゲカマツカ Gobiobotia naktongensis)
川岸から遠いところに砂地があり、水も割とよく流れているところでガサガサしてみたらとれたのがこいつ。なぁんだ去年生まれて冬を越したばかりのカマツカかぁと思いきや……
ギャース!! ひ、ヒゲが……!!!(; д )゚ ゚
こ、これはもしや……

흰수마자(フィンスマジャ 和名シラヒゲカマツカ Gobiobotia naktongensis)
本当に흰수마자(フィンスマジャ 和名シラヒゲカマツカ Gobiobotia naktongensis)だったよ!
なんと、この場所はシラヒゲ様も御生息か。こんな場所で!
達人ポイント恐るべし。((((;゚Д゚))))

됭경모치(トェンギョンモーチー 和名ヒメカマツカ Microphysogobio jeoni)
そして更に出てくる今回の本命ヒメカマツカ。ちなみに右側がメス。
なんか、小型カマツカ属であることは確かなのだけど、モロコっぽい感じもする。カマツカとモロコの中間のような感じ? それを考えると、モロコってカマツカ亜科なのだなというのがしっくり来る。

줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)
줄몰개(ジュルモルゲェ 和名シマモロコ Gnathopogon strigatus)。うほっ、いい大きさ。おなかが大きいからメスだろうね。

얼룩동사리(オルルクドンサリ 和名セマダラドンコ Odontobutis interrupta)
ポイントより下流のほうには、抽水植物が生えている泥底もあり、そこで当然と言うかやはりというか、얼룩동사리(オルルクドンサリ 和名セマダラドンコ Odontobutis interrupta)が網にかかった。

피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)
どこにでもいる피라미(ピラミ 和名オイカワ Zacco platypus)。ここの피라미は、体に5本の横縞があるようだ。

밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)
どこにでもいる밀어(ミルオ 和名不明 ヨシノボリの一種 Rhinogobius SP.)。達人の仰るとおり、石底の場所は水が少ない時期に早瀬となるのだろう。それでそこに밀어がいるということなのだろう。ただ個体数は밀어は少なく、先ほどの민물검정망둑のほうが圧倒的に多かった。


夜が白んできたので一休み。本流のほうから霧が流れ込んできていた。
それにしても、3度叫ぶ事になるとは思っても見なかった。
目が覚めたら撮影タイム。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 錦江

コメント

非公開コメント

No title

アキミツさま

達人のポイントは 本当に 恐るべしですね!!!
Microphysogobio jeoniに、Iksookimia choii、そしてシラヒゲカマツカまでも。

最後の幻想的な風景を見ると
ここは天国では(?) そんな感じにおそわれます。

貴重な写真を ありがとうございます m(_ _)m

No title

超貴重な画像を堪能させていただきました・・
ヒメカマツカがこんな雰囲気だったとは・・
そしてchoii・・
どうもありがとうございました。

Re: No title

おいかわ丸様
コメント有難うございます。

> ヒメカマツカがこんな雰囲気だったとは・・
> そしてchoii・・

いや…なんと申しましょうか、おいかわ丸様を秘密にもう一度韓国にご招待したくなるような場所でしたよ。
これから撮影タイムの際に撮った写真をアップしようと思いますので、よろしければご覧くださいませ。
プロフィール

アキミツ

Author:アキミツ
97年から韓国に住んでいます。妻は韓国人、子供たちは二重国籍です。
韓国の田舎で野良仕事からサーバー管理まで仕事をしつつ、ときどき川に行ってはガサガサして魚をとってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。